お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あ~やらなきゃ……女性がずっと先のばしにしていること9選

ファナティック

毎年、一年の始まりには「今年はこれをやろう」と決め、毎晩「明日はこれをやろう」と思いながら眠るのに、なぜかつい先延ばしにしてしまうという人も多いのではないでしょうか。優先度がそれほど高くないものは緊急性がないという安心感から実行に移さず忘れ去られてしまうことも。ついずっと先延ばしにしていることを、社会人の女性に聞いてみました。

いつになったら部屋はすっきりする?

・「部屋の掃除。年末に大掃除すればいいと思ってしまうから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「夏物衣料の片付け。なんとなく、めんどくさくて」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「ブックオフに売ろうと思うものを売る事。記入が面倒」(32歳/その他/その他)

たまりにたまった埃と、床に散らばる髪の毛、クローゼットからあふれかえる衣類……。誰に見せるわけでもないし、次の休みにやればいいやと思っていると、その休みには予定が入ったりして、なかなか片付けが進まないもの。まとめてやるのではなく日頃から散らかさず清潔に保つよう心がけましょう。

キラキラ女子を目指しても

・「ダイエット。明日から、明日からと一年が過ぎます」(24歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「中国語の勉強。やりたい気はあるが、できていない」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ホームベーカリーを買い替えること。故障したので、そろそろ買わないと……と思いながら、3カ月たった」(29歳/学校・教育関連/専門職)

毎朝早起きしてホームベーカリーで焼いたパンを食べ、自己啓発に取り組む……。そんなキラキラ女子の生活を目指していた一年前。気づけば実践されることなく年末を迎えてしまったという人も。2016年こそは実現したい課題ですね。

健康第一、わかってはいるけれど

・「子宮頸がん健診。二年に一度、市から無料クーポンが来るけれど、その度に行きそびれていて一度も受診出来ていない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「運動しようと思っているけれど、ついついなあなあな生活に」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「歯医者。行くに行けなくて、タイミングを逃しているから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

人が幸せに生きるためには、健康が何より大切です。仕事をするにも体が資本、健康への投資は惜しむべきではありません。どこかに面倒だ、行かなくても大丈夫という気持ちがあるから実行に移せないだけ。風邪を引いてものすごく喉が痛ければ病院に行くのですから、時間は取れるはずです。

まとめ

物事は先延ばしにすればするほど、知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまうことになります。頭の中にいつまでも「あれをやらなきゃ、これもやらなきゃ」という焦りが残り、実践できない歯がゆさに自己嫌悪に陥ってしまうことも。一日は24時間平等に与えられています。限られた時間を有効に使って、ひとつひとつ片付けていきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数192件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE