お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それって、誰得!? 男子には理解できない女子のSNS投稿あるある4選

ファナティック

スマホ自分の近況や思いつきを即座に発信できるSNS。仲間との思い出を共有したり、いいね! 
しあったりとメリットが多く感じられますが、時にはその内容が迷惑がられることもあるようです。というわけで今回は、理解できなかったり、はたまた不快に感じることがある、という女性ユーザーの投稿について、男性のみなさんの意見を聞いてみました。

自撮りでフィードをジャック!

・「不思議なほど自撮りばかりの投稿」(36歳/情報・IT/技術職)

・「自撮りを投稿している人にイライラする」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自撮りばかりアップしている女性」(33歳/電機/技術職)

誰に見せたいのかよくわからない謎のセルフィー。たくさんの人に見てもらってちやほやされたいという気持ちは、男性からしても理解できない領域みたいです。

毎日の料理投稿

・「自分のお昼ご飯を毎日アップする」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「食べたものを逐一報告」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「手料理のアピール」(38歳/通信/技術職)

毎日飽きずに手料理や食べた料理の報告。男性としては誰が何を食べたかなんてどうでもいいという意見も少なくはないようで、「それをしていったいなにが?」と、不思議に思っているようですよ。

リア充自慢

・「彼氏と一緒に写真を撮り、リア充アピール」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「カップルでのツーショットなどをあげている」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自分磨きなど充実してます投稿」(29歳/医療・福祉/専門職)

誰とどこへ遊びに行った、どんな人と会ったなどのリア充自慢。まわりからうらやましがられたいというのが見え見えで、ゲンナリしてしまいます。もしかしたら、本人は自慢する気なんてさらさらなく、見る側のジェラシーや考えすぎということもあると思いますが……。

ネガティブ投稿

・「自分の友人や知り合いの悪口を書き込む人」(38歳/電機/技術職)

・「『死ねばいい』とかネガティブな発言。こっちまで嫌な気持ちになる」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

「どうせ私なんて……」とネガティブなことをいいつつ、本当はかまってほしいのが透けて見えるネガティブ投稿。その投稿を見てしまうことで、自分もちょっと暗い気持ちになってしまうこともあり、あまり見たくない発言ですよね。

いかがでしたでしょうか? 自分にとってはなにげない投稿も、男性からすれば、そっとフォローをはずしたくなるような内容になっている可能性も!? フォロワー数を意識する場合は、気をつけたいポイントですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE