お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

だから旅行はやめられない……! 旅先の出会い、忘れられないエピソード4選

ファナティック

秋も深まり、心地よい気候の中、いろいろな旅プランを考えている人も多いのではないでしょうか。紅葉を楽しんだり、旬の味覚を楽しんだりと、秋を満喫できるプランが目白押しです。旅を楽しむには、現地での出会いも外せないものですよね。そこで今回は、旅先での忘れられない出会いについて、働く女性に聞きました。

友だちができた

・「沖縄で、親しくなった女性の旅行者と友だちになった」(24歳/その他/事務系専門職)

・「子どものころ、家族旅行でいつも行っていた場所で知り合いになった一家と、大人になった今でも家族ぐるみのお付き合いをしている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

旅先で出会った人と意気投合して一緒に食事をしたり、観光したり、帰ってきてからも交流が続くのはうれしいですね。

現地の人と知り合った

・「沖縄に行ったときの個人タクシーの運転手さんが自分たちのことをすごく気に入ってくれて、帰りに自家製のアセロラをくれた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「栃木に行ったとき、おばあちゃんがやさしくて、果物をごちそうになった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「山形の旅館の女将さんがとてもよくしてくれて感動した」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

現地の人と触れ合うのは、旅行の醍醐味のひとつですよね。初めて会う人ばかりなのに、とても親切にしてくれる人が多いのも、旅行ならでは。見知らぬ旅人にやさしく接してくれる現地の人々に感謝です!

現地の人に助けられた

・「現地の人がやさしく道案内してくれた」(26歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「雨に濡れて困っていたら、現地の人がタオルと傘をくれた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

旅先では、どんなトラブルが起きるか想像つかないもの。トラブルが起きたときに現地の人に助けらると、人のやさしさにじんとなります。連絡先を聞いて、今も連絡を取り合っている人もいるようですね。

旅先でステキな人に触れ合った

・「京都で写真を撮ってくれたおばあちゃんが、とても気品溢れていてステキだった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

旅先でステキな人に出会ったり、見たりすると「自分もがんばろう」と刺激を受けることも。

旅先での出会いも旅行の楽しみのひとつです。「袖振り合うも多生の縁」とも言います。ひとつひとつの出会いを大事にしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数180件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE