お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

男性が思わず「おっ」! この時期ぴったりの秋メイク4選

ファナティック

秋は大人な雰囲気を漂わせるシックなコーディネートを楽しみたいもの。デートでも彼を「おっ」と思わせられるような秋っぽいメイクでアピールしたいところですよね。というわけで今回は、この時期ぴったりの秋メイクについて、働く女性のみなさんに聞いてみました。

<この時期ぴったりの秋メイク>

■濃い色で落ち着いた女性を演出

・「カーキ系のアイシャドーを使う」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「アイシャドーは茶色で、リップはワインレッド」(33歳/金融・証券/専門職)

秋は濃いカーキのアイメイクで色っぽい女性を演出。モノトーンの落ち着いたコーディネートとあわせれば、デキる女性をアピールできるはず。

■ドキッとさせる色っぽいシャドーを駆使

・「赤やボルドーなど少し赤みのあるシャドーを入れるだけで上品な感じになりそう」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「アイシャドーはブラウン系で統一する」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「目の下にボルドー系シャドーを少しだけ入れる」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

アイラインは暗めでも、シャドーにボルドーを入れるなど工夫をしましょう。全体的に黒でまとまってしまうと野暮ったくみえてしまうので、差し色を大切にして。

■メリハリをつけてみる

・「服の色が暗くなりがちなので、チークなどはちょっとだけ明るめの色を使うこと。服が地味ならナチュラルメイクのほうがいいと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「チークと口紅の色をオレンジ系かパープル系にする」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「口紅や目尻のアイシャドーなど、1カ所だけに赤を取り入れる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

黒に黒をあわせるだけでは、地味な印象になってしまいますよね。チークやルージュに明るめの色を入れたら、メリハリがついてスタイリッシュな女性に変身できます。

■秋らしい色を取り入れて

・「ボルドーやカーキなどの秋色を取り入れたメイク。茶色と合わせればセクシーなメイクになる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「秋色のアイシャドーをつける」(29歳/金融・証券/営業職)

・「少し濃いめにしたり、カーキやオレンジなどの秋らしい色を使うのが好き」(25歳/その他/その他)

自分の好きなメイクをするというのも確かに大切ですが、そのときの流行や季節らしさを取り入れると、オシャレ女子としてまわりよりも一歩リードできそう。

<まとめ>

基本的にはいつものメイクと同じでも、秋色のアイラインやシャドーを組み込むことで、この時期にぴったりのメイクが完成するようです。あなたも、これらを参考にして秋メイクで彼をドキッとさせてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数168件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]