お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

スイーツ、買い物、大行列……女性が行きたがるデートコースは男性は我慢の連続だった!

ファナティック

男性と女性では、好みや考え方が大きく異なります。性別が違うのですから、この違いはどうしようもありません。だからこそ、お互い、譲り合い、理解し合って、受け入れることが、仲良く過ごすコツなのです。普段、何も不満なんてなさそうな彼だって、実は「彼女のためだから……」と我慢していることがたくさんあるのかも。そこで今回は男性たちに「彼女が行きたがるから頑張って耐えたデート」について聞いてみました。

なんでそんなに時間を掛けるのか理解のできない買い物

・「買い物で長い時間はもうあきらめている」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「服の買い物。待ち時間が長いから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「女物のフロアで買い物につきあわされて待たされるとき。恥ずかしくて居場所がない」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「女性の買い物はとにかく長くて、迷ってばかりなので、早くしてと言いたいけど、いつも我慢している」(28歳/情報・IT/技術職)

女性の買い物は長い、それはもう習性のようなものです。アレコレ選択肢がたくさんあるのに、すぐになんて決められませんもんね。色々見て「コレだ!」と思ったものに女性は出会いたいのです。

行列のできるスイーツってそんなに価値があるもの?

・「パンケーキに一緒に並んだけど、普通の味でがっかりだった」(26歳/農林・水産/技術職)

・「スイーツを食べるために行列に並ぶのは苦痛」(39歳/情報・IT/技術職)

・「パンケーキ1時間待ちはきつかったな」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「カフェで休憩するのに並ぶのはどうかと思う」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

パンケーキなどの流行のスイーツ。休日にしか行けないからこそ、並んででも食べたいものですが、これも男性にはなかなか理解できないようです。

デートの王道コースだけれど……

・「美術館は苦手ですね」(31歳/情報・IT/技術職)

・「つまらない映画だけは本当に辛かった」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ライブ参加。行くまでの距離、会場へ入るときの人の多さ、帰りの混雑する電車や道。さほど好きでもない曲を聞かされる苦痛。ライブに参加することがあんまり好きではなかった」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「絶叫マシンに乗ること。嫌なので」(33歳/食品・飲料/営業職)

これぞまさしく王道!というデートコースも、実は苦手な男性が少なくないようです。付き合い始めはこういう無難なところへ行きがちですが、ちゃんと話し合った方が良いかも……。

まとめ

片方ばかりがストレスを感じるデートを繰り返していると、関係が壊れてしまう可能性が非常に高まります。彼と関係を長く続けたいのならば、お互いが心から楽しめるデート、彼の希望に沿ったデートもたまにはしましょう。彼が「いいよ」と言ってくれるからと言って、自分行きたいデートコースばかりではダメです。相手を思いやる気持ちを忘れずに。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数96件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]