お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性が素敵なキスを演出するために使っている「香り」3選

ファナティック

彼がキスしようとして近づいてきたときに漂ういい香り。目や耳からの刺激よりももっと体の中の奥深いところを刺激する「香り」は、ムードを高めるには欠かせないものですが、みなさんがこだわるのはどんな香りですか? 好きな香りは人によっていろいろですが、今回は女性たちが「ステキなキスの演出にぴったり」だと思う香りについて聞いてみました。

素敵なキスを演出するために使っている“香り”

1.お風呂上がりのような爽やかな香り

・「いい香りのヘアトリートメントをつけている。香りがきつすぎず、近づいたときにふわっと香るので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「お風呂上がりの香り? のような香り。せっけんや花を連想させる香りが好まれているように思います」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「せっけん系のボディミスト」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

爽やかでどんな男性にも好かれるせっけんやシャンプーの香り。お風呂上がりを連想させる軽い感じの香りが、キスを素敵に盛り上げてくれるという女性は多いようですが、男性ウケのよさも考慮してのことでしょうか。距離が近づいて初めてわかるくらいのほんのり加減がこういう香りにはぴったりですね。

2.媚薬効果のある香り

・「イランイランの香りがいいと聞いて、演出に使っている」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「LC(エルシーラブコスメティック)のリビドー」(31歳/電機/事務系専門職)

「性衝動」というそのものズバリな名前が付いたベッド専用香水「リビドー」。官能的で媚薬効果があると言われる「イランイラン」。彼だけでなく自分自身の気持ちも盛り上げてくれるような濃厚な香りをキスの演出に使ったら、キスだけでストップするなんてことは無理かもしれませんね。

3.女性らしさのある香水

・「クリスチャンディオールのアディクトをほんのりつける」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「バラの練り香水。ふんわりと香るし、演出にもなるような気がして使っている」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「ロクシタンのバラの香水を、首筋に塗る。『この香り、好き?』と聞いて、顔を近づけてキスする」(31歳/金融・証券/専門職)

華やかさのあるバラの香りの香水は女性らしさも抜群。彼を誘い込むように首筋につければセクシーな気分も盛り上がりそうです。シトラスやフローラルが香りながらも、ベースになったウッディノートが大人っぽいアディクトも、落ち着いた雰囲気で抑えた色気を感じさせてくれそうですね。

まとめ

女性からいい香りがするだけでも男性たちのテンションは上がりそうですが、その香りがお風呂上がりの色っぽさを想像させるものだったり、媚薬効果のあるものだったりするとキスしたいという衝動を抑えられなくなりそう。強い香水の香りは苦手という男性も多いので、香水を使うときには彼の好みをリサーチする必要もありますが、何よりもつけすぎないことが大事。香りの効果を引き出すために多めにつけるというのは間違い。彼にキスしてもらいたい場所がほんのり香る程度につけるのが正解ですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]