お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

痛い巻き爪の原因は足の形&靴の圧迫! セルフケアで予防と対策を

ミノシマタカコ

巻き爪

足の悩みのひとつに挙げられる「巻き爪」。普段は痛みがなくても、長時間の圧迫や摩擦で痛みが生じることがあります。また、ひどくなると、痛みで歩くのもつらくなってしまうケースもあるそう。東京医科歯科大でフットケア外来を担当する高山かおる先生に、巻き爪のセルフケアについて聞きました。

巻き爪の原因は、合わない靴&足の形

「巻き爪とは、爪がCやOの状態に内側に巻き込んだり、直角に折れ曲がってしまったりする状態を言います。原因として多いのが、外反母趾(ぼし)や合わない靴による圧迫です。また、女性の多くは『かかとからついて、小指側をまわり、指先で地面をしっかり蹴る』という動作ができていません。その結果、巻き爪を引き起こしているケースもあります」(高山先生)

かかとから着地し、親指で蹴るというのが正しい歩き方の基本。足をしっかり上げず、ペタペタ歩いたり、ハイヒールを履いたときに、コツコツ音を立てて歩くのも、歩き方に問題がある証拠だとか。また、意外と見落とされがちなのが「爪の切り方」だそう。

「深爪はもちろん、爪の両端を斜めに切るのも、巻き爪の原因になります。爪の長さは“指の先端と同じか、少々長いくらい”が目安。爪の両端は角が引っかからないよう、ほんの少し丸くカットする程度にとどめましょう」(高山先生)

巻き爪の治療で病院にかかると、爪が皮膚に刺さっている部分を切り取ったり、爪の端を切除するといった手術をされます。しかし、こうした外科的処置は、かえって巻き爪を悪化させることもあると高山先生は言います。

「爪の端を切除すると、爪と皮膚の接合がはずれ、爪が安定しなくなります。そのため、より一層巻き爪が起こりやすくなり、悪循環に陥ることにもなりかねません。まずはワイヤーやクリップ、人工爪、医療用チューブなどを用いた保存的治療を行い、それでもダメな場合に手術を、と考えましょう。爪の状態にもよりますが、保存治療をすれば、およそ1年から2年ほどで症状が改善されます」(高山先生)

セルフケアを日々の習慣に!

巻き爪になってしまったとき、自宅で簡単にできるセルフケアはあるのでしょうか。高山先生にその方法を聞きました。

「巻き爪になってしまったときは、まず痛みの原因を取りのぞくのが先決です。たとえば、テーピングテープを使って、爪と爪のまわりの皮膚の間に隙間をあけるのも一つの方法です。ただし、炎症がひどい場合は、化膿(かのう)する恐れがあるため、早めに病院を受診しましょう」(高山先生)

<テーピングテープの巻き方>

クロスにする方法

爪の端に貼ったテープを、反対側の指のつけ根に向かって強く引っ張り、残りを巻き付ける。反対側も同じ要領で貼れば完成。

クロスにする方法

クロスにする方法

テープを半分に折り、折り目中央から縦方向に切れ目をいれる。切り込みから指の爪を出し、爪の端をかませつつ、指の根元にテープを貼りつける。

覆うように巻く

覆うように巻く

「爪の周囲を石けんと歯ブラシできれいに洗うことも大切です。軽い炎症なら、清潔に保つだけで症状が改善されます。また、しっかり保湿すると爪に柔軟性が生まれ、外からの力にも強くなります。顔と同様、爪もしっかり保湿しましょう」(高山先生)

(取材協力:高山かおる、文:ミノシマタカコ+ガールズ健康ラボ)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.07.12)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]