お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

特別じゃないのはわかってるけど! 思わずキュンとする「男性の言動」3選

ファナティック

今まで男性として意識したことはなかったのに、ふとした瞬間に見せられたやさしさに惹かれてしまった。自分だけにしてくれたわけじゃないとわかっていても何となくキュンとしてしまう。そんな経験ありませんか? 今回は、女性たちが「ほかの人にもやってるんだろうな」と思いつつも、思わず惚れてしまう男性の言動についてアンケートをとってみました。

■思わずキュンとする「男性の言動」

1.女性として扱ってくれる

・「重い荷物を持っているときに『持つよ』と声をかけてくれること。男らしさとやさしさが絶妙なバランスだと思う」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「電車で自分は立って、女性に席を譲ってくれる」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「道を歩いているとき、車道側を歩こうとする行動」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

レディーファースト精神を持った男性に「女性」として扱われるとキュンとする女性は多いみたいです。重い荷物を代わりに持ってくれる、道を歩くときには車道側を歩いてくれる。女性として守ってもらっているような気になるとその男性に頼りがいを感じて好意に変わっていくのかもしれませんね。

2.ほかの人とはちがう扱いをしてくれる

・「目があったときに笑ってくれるとき。私に対してだと思うと特別な気持ちになる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「はにかんで笑う顔や、プライベートな質問をしてくる。彼氏の有無などを聞かれると、自分に気があるのかなとドキドキしてしまう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「名前で呼んでくれること。男女問わずあまり名前で呼ばれないので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

目があったらほほんでくれるというだけでドキッとしてしまいますが「もしかして自分にだけ?」と思うと特別な気持ちになってしまう人も。下の名前で呼ばれたり、プライベートな質問をされたりというほかの人とはちがった扱いをされることで、その人を男性として意識するきっかけになる人もいるみたいですね。

3.気遣いを見せてくれる

・「気遣い。仕事休憩にお菓子をくれる」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「残業中、行き詰まっていたら、さり気なくコーヒーを渡してくれた。思わずキュンとしてしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「体調が悪くて休んだ次の日に、朝一に『体調大丈夫?』と気遣ってくれる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

体調が悪いときや残業で煮詰まっているときにふと見せられた気遣いに惚れてしまいそうになったという女性もいるようです。気遣いそのものもうれしいですが、それに気づくということは自分のことをちゃんと見てくれていたということ。こんなことされたら自分に気があるのかと思っちゃうのも当たり前ですよね。

■まとめ

ほかの人にも同じようなことをやってるんだろうなと思いながらもどこかで期待してしまう。相手に特別な感情を持っていなかったとしても自分を気遣ってくれたとか親切にしてもらったことが異性として意識しはじめるきっかけにはなるようですね。男性のほうも嫌いな女性にはあまりやさしさを見せるようなことはしないはず。そう思えば、誰にでもやってるんだろうなと思っていることも、実は男性なりに好意を見せるためにアピールなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]