お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もっとやりたいことがあったのに! 女性の約半数は、今の仕事に満足していない

ファナティック

突然ですが、学生時代になりたいと思っていた職業に就くことはできましたか? 小さいころから自分のやりたかった仕事ができるのって意外と簡単なことではないですよね。では実際のところ「自分のやりたい仕事」ができているかどうか、働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.自分のやりたい仕事ができていますか?

「はい」48.1%

「いいえ」51.9%

ほぼ半数ですが、「いいえ」と回答する人がやや多い結果となりました。それぞれを選んだ理由を聞いてみました。

<「はい」と回答した人の意見>

■文句を言ったらバチが当たるかも?

・「自分の好きな業種で働けているので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「大変なことも多いが、一応、希望した職種をやらせてもらえているので。文句を言ってはバチが当たりそう」(24歳/食品・飲料/専門職)

「はい」と回答した人からは「自分の好きな業種で働けている」「希望した職種をやらせてもらえている」など、大変そうだけど充実している感じが伺えます。確かに「文句を言ったらバチが当たる」かも?

■やりがいが多い/自分に向いている

・「とても大変なことが多いがやりがいが多いと思って満足している」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分に向いている仕事ができている実感があるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

「大変だけどやりがいが多い」「自分に向いている」という意見がありました。自分のやりたい仕事が必ずしも自分に向いているとは限らないので、そういう仕事を見つけられた人がうらやましいですね。

<「いいえ」と回答した人の意見>

■別の仕事がしたい!

・「前やっていた宣伝広報の仕事に就きたい」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「本当はもっとアートな仕事をしたいが、現実は正反対の経理をしている」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

「前の宣伝広報の仕事に就きたい」「本当はもっとアートな仕事がしたい」と後悔している人も少なくないようです。「別の仕事に就きたい!」と思いつつ、正反対の仕事をしている人を見ると、好きだからと言ってその仕事ができるわけではないのだと実感させられます。

■転職したいけど……

・「今の仕事はしたくないが、転職する仕事も思いつかない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「今まではできてたんだけど、業務が変わってからつまらなくなりました。でも転職する勇気もありません」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ほかには「転職する仕事も思いつかない」「転職する勇気がない」という声もありました。転職したからといって今より給料があがるとは限らないし、何より「今慣れている環境」を変えるのは勇気がいりますよね。

「自分のやりたい仕事ができているかどうか」について聞いてみたら「いいえ」と回答した人が少し多かったものの、ほぼ半数にわかれました。自分のやりたい仕事に思い切って転職するか、このまま現状維持を続けるかは人生の中でも大きな決断となりますよね。一度しかない人生、悔いのないようにしたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年10月24日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE