お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

結婚への近道は? 彼との結婚へ近づくための秘策4つ

ファナティック

今の彼と結婚したいのに、彼のほうはあんまり結婚のことを話に出さない……とモヤモヤしている女性も多いのではないでしょうか。そんな彼に結婚を意識させるため、あの手この手で女性たちは作戦を練っているようです。彼との結婚に近づく秘策とは、果たしてどんなものなのでしょうか?

■家庭的なところをアピール

・「家庭的なところをさりげなくアピールする」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「家庭的だと思わせることをする」(27歳/電機/営業職)

・「手料理をふるまう。結婚したら毎日食べられるとアピールする」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

お家デートで手料理をふるまったり、部屋の掃除がいつも完ぺきだったりと「家庭的な一面をアピールする作戦」は、彼が素直に「結婚したい!」と思ってくれそう。彼の胃袋を掴んだら、結婚はそう遠くないかも?

■将来の話をして誘導する

・「将来や未来話をたくさんすること。今後の話をしていくうちに、おのずと結婚の話に持っていきやすいから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「テレビなどで自分ならこうすると将来の話をする」(32歳/建設・土木/技術職)

・「その先(結婚後の生活や考え方)のことをそれとなく話している」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

将来子どもがほしいとか、マイホームに住みたいとか「今後の人生設計について彼と話し合う作戦」もよさそうです。自然と結婚の話に誘導できるので、彼もそんなにプレッシャーを感じずに結婚を意識してくれるかもしれませんね。

■親を紹介してプレッシャーをかける

・「親を紹介してプレッシャーをかける」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「なるべく親に会う機会を作るようにすること。ちょっとずつ逃げ道をふさいでいく」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「まずは彼の親と仲よくなる。彼の親と仲よくなることが結婚への第一歩だから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

自分の親を紹介したり、彼の親と仲よくなるなど「外堀から埋める作戦」はうまくいけばそのまま結婚、なんてこともありそう。あまりのプレッシャーに彼が逃げ出さないように、ほどほどにしてくださいね。

■必殺! 『ゼクシィ』

・「『ゼクシィ』を買う」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「一緒に『ゼクシィ』とか読む。彼にも結婚の意識を高めさせるため」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

結婚情報誌と言えば『ゼクシィ』ですよね。これを彼女に持ってこられたら、どんなに鈍い男性でも気づくのではないでしょうか。「『ゼクシィ』を見せる作戦」はかなり直球勝負ですが、彼がその気になってくれたら結婚への一番の近道になるかも?

彼との結婚へ近づくための秘策は「家庭的なところをアピール」「将来の話をして誘導する」という比較的温厚なものから、「親を紹介してプレッシャーをかける」「『ゼクシィ』を買う」など攻めの作戦を実践している人もいました。「大好きな彼と結婚したいけど話が進まない」とお悩みのあなたに、ぜひ参考にしてもらいたいです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる