お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 理想の未来をかなえる

今どき男性に調査! 結婚のメリットって何?

ファナティック

「結婚」したい人にとっては、結婚はあこがれでもあり、一大イベントでもありますよね。何より好きな人とずっと一緒にいられることが一番の魅力ではないでしょうか。結婚したら子どもがほしいなど、女性の夢も膨らみますよね。では男性から見て「結婚のメリット」とはどんなものなのでしょうか? 働く男性のみなさんに聞いてみました。

■世間体がよくなる

・「周囲に一人前と認められること」(39歳/情報・IT/技術職)

・「生活の安定と世間体がよくなること」(35歳/情報・IT/技術職)

・「世間体がいい。年食ってひとり身だと結婚できないような人間というレッテルを貼られる」(32歳/商社・卸/営業職)

これは男性ならではかもしれませんが、けっこう多かったのが「世間体がよくなる」という回答。家庭を持つことで「一人前」と認められ、会社内でも評価があがるというのは女性にはあまりない発想ですよね。

■精神的安定が得られる

・「何かあったときにお互いで助け合えることが一番だと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

・「結婚することで、一生パートナーといられ、安心も得ることができる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「好きな人と一緒にいられて、精神的安定が得られる。恋人時代とはちがった落ち着いた生活ができると思う」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚するとひとりから2人になるので、何かあったときにお互い助け合えるような「精神的安定」が得られるのは大きなメリットです。結婚に精神的安定を求めるのは、女性だけではないみたい。支えあっている気がして、ちょっとうれしいですね。

■経済的な負担が減る

・「通常より経済的な負担が減る。衣食住が割安に感じるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「2人で生活すれば、経費が約半分になる。家事が楽になる」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「ひとりで暮らすよりも2人で暮らすほうが生活費が安くあがる。単純に2倍にならないわけで、そのほかの費用も同様にコストが安くつくこと」(37歳/金融・証券/営業職)

ひとり暮らしよりも2人暮らしのほうが、家賃や光熱費などの負担も楽になります。共働きであれば生活費は半々にすることもできるので、ひとり暮らしで毎月ギリギリの生活をするよりはお互いにとってずっと楽ですよね。

■親を安心させられる

・「両親を安心させてあげられる」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「親が喜ぶ」(35歳/通信/事務系専門職)

結婚することで「両親を安心させられる」という声もありました。「そろそろ結婚とかの話はないの?」なんてせっつかれるとうるさく感じてしまいますが、「早く身を固めてもらいたい」「早く落ち着いてほしい」という思いがある親もいるようです。

「世間体がよくなる」「精神的安定が得られる」「経済的な負担が減る」「親を安心させられる」など、男性が考える結婚のメリットはいろいろありました。「世間体がよくなる」は男性特有の考えかもしれませんが、それだけ社会からのプレッシャーがあるということ。いつか結婚したいと考えている人は、2人で支えあって生きていけるように、貯金をしたり仕事でスキルアップしたりと、将来の準備をしておくといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数119件(22歳~39歳の社会人男性)。

みんなが読んでる人気記事 理想の未来をかなえる