お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

たったコレだけの差なのに! 婚活で「成功する人」と「失敗する人」のちがい3つ

ファナティック

せっかく婚活をがんばっても、一度失敗してしまうとガッカリしますよね。婚活に成功する人と失敗する人のちがいがあるとすれば、どんなところだと思いますか? 女性のみなさんに聞いてみました。

<婚活に「成功する人」と「失敗する人」のちがい>

■余裕がないと失敗するかも

・「結婚をするのが目的の人とそうでない人。焦ると失敗すると思う」(32歳/不動産/専門職)

・「ポジティブに楽しむ人はうまくいく。必死にガツガツしている人は怖くて近づきたくないと思うので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ガツガツする人と、余裕のある人。ガツガツしすぎると、かえって引かれるし焦って失敗しそう」(25歳/不動産/事務系専門職)

未来の旦那さまがいると思うと、どうしても気持ちが高ぶり焦ってしまいますよね。でも、あまりにガツガツしていると、男性に「あの子と一緒に居ると楽しそうだな」という印象を与えず、逆に怖いイメージを与えてしまいそう。心を落ちつかせることも必要なんですね。

■妥協はできたほうがいい?

・「理想が高すぎると失敗すると思う。低く持つほうが成功すると思うので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「理想が高いか高くないか。理想が高い人ほど、失敗するから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「どこまで妥協できるか。理想が高すぎる人はいつまでも結婚できないイメージだから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

将来の生活を考えると、理想や譲れないポイントがあったほうがいいと思いますが、いつのまにか現実離れした条件になっていませんか? 理想は理想として置いておき、現実的な条件を設定しておくと理想に近い人に会えるかもしれませんね。

■本気の人はうまくいく!

・「成功する人は前向きだし、どんな場面でも自分の糧にできる。失敗する人は失敗から立ち直れずますます自分の殻に閉じこもるようになる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「積極性とやる気。がっつきすぎるのもよくないが純粋に出会いの場で求めるのはいいと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「本気さ。恥ずかしさをなくせば、自然体でいられてうまくいくと思う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

婚活をはじめたからと言って、待っていれば誰かが来てくれるわけではないですよね。せっかく婚活をするのですから、自分の手で幸せをつかむという本気さが必須条件かもしれません。ゆったりかまえつつ、粘り強くいきましょう。

<まとめ>

婚活で「成功する人」と「失敗する人」のちがいがいろいろ出てきましたが、あまり大きな差はないように思います。「一度婚活したけれど、失敗したからもう嫌……」という人も、上記を参考にして、もう一度リベンジしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数146件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年10月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE