お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 婚活

今年36歳、まだ結婚できる? 婚活アドバイザーに学ぶ『婚活リベンジ!』

植草美幸

30歳を目前にすると、途端に現実味を帯びてくる「結婚」の2文字。このあたりから友だちや同僚から結婚や妊娠の報告を受けることが多くなり、30代前半ごろから焦って「婚活」をはじめた、なんて人もいるのでは? ただこの婚活、なんとなくはじめてしまっては“ケガ”をしてしまうのだそう……。

そう話すのは、青山の結婚相談所「マリーミー」代表で、婚活アドバイザーをつとめる植草美幸さん。この度、植草さんの著書『婚活リベンジ! (マンガでわかる)今度こそ、半年以内に理想のパートナーを引き寄せる方法』が、2015年9月18日(金)に発売されました。36歳の独身OL亜矢を主人公に、マンガを交えながら婚活の準備、実践、完結までわかりやすく解説してくれる婚活本となっています。

婚活経験のある人は、「『この人だ!』と思う相手がいなかった」、「普通に出会って恋愛結婚するのが理想だった」、「男ウケする会話や服装になじめなかった」などの理由で、挫折をしてしまうことが多いのだそう。そうならないためにも、婚活にはそれなりの戦略が必要になるのだとか。今回は、同書で語られた婚活方法の一例をご紹介します!

準備編

・女子会からのイチ抜け!

婚活をはじめるにあたり、まずやるべきことは「女子会からイチ抜け」すること。自分と似たような境遇の女性との女子会は居心地がよくて楽しいものですが、「まだ大丈夫!」と現状維持の姿勢になってしまうのだそう。そして、もっと怖いのは、無意識のうちに女性同士で足の引っ張り合いをしてしまうこと。独身女子会の仲間に彼ができたら、誰だって抜け駆けされた気持ちになってしまうものなのです。

・婚活市場を知ってる?

植草さんの結婚相談所に来る女性たちは、40歳を過ぎてから結婚する人も多くいるようですが、20代と比べると結婚の可能性が低くなるのは、やはり紛れもない事実だそう。どんなに若くキレイに見えても、年齢がものを言う婚活市場では、1日でも若いほうが有利とのこと。このことは、改めて胸に刻んでおく必要があるようです。

・結婚生活のイメージを持つ

「理想の結婚は?」と聞かれたら何を思い浮かべますか? もし、「理想の相手像」を思い浮かべたのなら、それは×。相手像を考える前に、「理想の結婚生活」をイメージするべきなのだそう。たとえば、週末は仲よくデートを楽しみたいという人なら、休みが合う人のほうが理想の相手に近いということ。あとで折り合いをつけることも可能ですが、最初から理想に近い人を選んだほうが結婚までの道のりもスムーズになるそうですよ。

実践編

・仕事脳を婚活シーンに持ち込まない

婚活の準備ができたら、次は実践。デートでは、仕事脳を持ち込まないことが重要になります。仕事脳とは、ミスがないように細かくチェックして、常に不足している部分を探している状態の脳のこと。デートに仕事脳を持ち込むと、ダメ出しばかりしてしまうそう。相手のダメな部分に目が行くと、いいところを見逃してしまうので注意が必要だそうです。

・男性が結婚するのが怖い理由って?

男性が結婚に不安を感じるのは、「今の収入で生活できるのか」、「子どもを育てていけるのか」といった経済的なことと、「自由を奪われないか」ということ。だから、結婚を逃げ場にしようとしている女性に、男性は敏感になっているようです。「自分もしっかり働きます」などのアピールが、婚活市場の男性には効果的だそうですよ。

完結編

・アラフォーから幸せな結婚をする人の共通点

年齢的に不利なアラフォーでも、幸せな結婚をしている人はいるようです。その人たちに共通しているのは「身ぎれいにしていること」と、「バツイチ男性の魅力に気づいていること」。世間的に見たら立派な中年であるアラフォーは、少しでもキレイにしていようという意識が必要なのだとか。また、離婚を経験した男性は、結婚の酸いも甘いも知っているからこそ、繊細なやさしさがあるそう。結婚に向いていない人だと決めつけて、対象からはずすのはもったいないとのことでした。

・ひと昔前の結婚観から開放されよう!

あなたは、「3歳くらい年上の人と自然に出会って結婚したい」、「子どもを2人産んで、小学校から私立に入れたい」といった、ひと昔前の結婚観にしばられていませんか? 自分が居心地よくいられる結婚のスタイルを見つけて、「養ってもらうための結婚」から自由になりましょう!

植草さん曰く、婚活がうまくいく人といかない人には、差がほとんどないそうです。たったひとつだけ差があるとしたら、それは「アドバイスを素直に聞き入れる姿勢」があるかどうか。婚活疲れをしてしまった人も、一度本を読んで試してみる価値があるかもしれません。ほかにも紹介しきれなかった婚活のハウツーがたくさんあるので、「今度こそ!」と思った人はぜひチェックしてみてください!

★『婚活リベンジ! (マンガでわかる)今度こそ、半年以内に理想のパートナーを引き寄せる方法』発売中
著者:植草美幸
マンガ:海埜ゆうこ
出版社:KADOKAWA
定価:1,080円(税込)

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]