お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

それのどこがカワイイの? 男子には理解できない女子のファッション3選

ファナティック

スカート女性と男性の間には深くて長い河がある、とよく言いますが、男女の間で「どうしても理解できない!」ということってたくさんありますよね。ファッションもその一つ。女性には絶大な支持を受けているアイテムでも、男性ウケはまったくしないものも珍しくありません。そこで今回は男性たちに、「何がいいのか理解できない!」と思っているけど、口にできない女性のファッションアイテムについて聞いてみました!

■その爪、じゃまじゃないの?

・「ネイルアート。邪魔そうだし、あまりかわいいと思わないから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「派手なネイル。好きではないので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「キラキラしたネイル。全然かわいいと思わないし、邪魔そうに見えるから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「派手なネイルは理解できない」(33歳/学校・教育関連/専門職)

待ちゆく女性たちはすっかり秋色ネイルになっていますが、男性たちにはネイルって不評なんですよね……。シンプルなものならまだいいのですが、デコラティブなものはNG!

■顔が隠れすぎじゃない?

・「デカサングラス、オシャレだと思わないから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「大きなサングラス。不格好に見える」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「デカサングラス。日本人には似合わない」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

ノーメイクを隠すのにも、紫外線対策にも、小顔効果にも便利な大き目サングラスですが、こちらも男性には不評。小さ目なサングラスを使う女性のほうが少ないんですがね……。

■スタイルがよく見えない

・「ガウチョパンツ。足も短く見えるし、かわいいと思えないから」(33歳/電機/技術職)

・「ガウチョパンツ。ぶかぶかしてかっこわるいから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「ガウチョパンツ。ダサくしか見えないから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

今年流行のボトムスといえば、ガウチョ! なのにも関わらず、男性たちからはブーイングが出ています。確かに、ちょっと着こなしが難しいアイテムではありますね。

多くの女性が支持していても、男性の心まで射止めることができるかと言うとそうでもない女性のファッション。このセンスのちがいはどうにもなりません。どうしても落としたい彼とデートをするときは、ぜひ男性のセンス的にはNGなアイテムは避けてコーディネートしましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]