お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ギューって抱きしめて? 女性が好きな寝方は「彼に抱きしめられる」or「自分から抱きしめる」?

ファナティック

少々熟睡できなくても、彼と一緒に眠るのが好きという女性は多いでは? 彼を愛しく思う気持ちゆえに、彼の体温を感じているだけで幸せと思うことも。そこで、2人で眠るときの体勢について、社会人の女性に聞いてみました。

Q.彼と寝るときに、彼から抱きしめられて寝るのと、自分から抱きしめて寝るので、どちらが好きですか?

 「彼から抱きしめられて寝る」……62.2%
 「自分から抱きしめて寝る」……37.8%

6割以上の女性が、彼から抱きしめられて寝るほうが好きと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「彼から抱きしめられて寝る」派の意見】

■安心感があるから
・「守られている気がしてそっちのほうが安心する」(31歳/金融・証券/営業職)
・「愛されてる感じがして精神的に満たされるから」(25歳/小売店/クリエイティブ職)

人は心を許した人でなければ、背後から近づかれることを嫌う習性があります。逆に気を許している人なら、うしろから包み込まれることに安心感を覚えます。彼からの愛情に包まれて、リラックスして眠れそうですね。

■楽な体勢だから
・「うしろから手をまわされて横になって寝る。体勢が楽だから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「自分より体の大きい人を抱えるのはつらいから」(30歳/通信/事務系専門職)

彼の体のほうが大きいと、自分から抱きつくとなると、まるで大木にしがみついているようになってしまいます。それよりも、うしろから抱えてもらったほうが、体勢的に楽だという人もいるようです。

【「自分から抱きしめて寝る」派の意見】

■自分の自由にできるから
・「自分の落ち着くポジションを自分で決められるので」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「抱きしめられると苦しいときがあるから、自分で抱きしめるほうがいいポジションを見つけられる」(29歳/生保・損保/販売職・サービス系)

眠るときの自分のポジションにこだわりがある人もいるようです。心地よい眠りのためには、ベストなポジションを確保することが最優先。自由に寝られないと、ストレスがたまってしまいます。

■抱きしめられるとよく眠れないから
・「抱きしめられると圧迫感があり嫌だから」(29歳/食品・飲料/技術職)
・「抱きしめられると重いので。自分が抱きしめる分には私は重くないから」(33歳/金融・証券/専門職)

眠るときはすべてから解放されて熟睡したいですよね。彼から抱きしめられると安心感がある一方で、圧迫感を覚える人もいるようです。睡眠に支障を来すくらいなら、自分から抱きしめて寝たほうがいいかもしれません。

眠るときはいかに自分がリラックスできるかが大切なポイント。本来は幸せな彼との時間も、場合によってはストレスとなりうることもあります。カップルだからこうしなければいけないという決まりはありません。お互いにベストなポジションを見つけて、心地よく眠りたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数188件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]