お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

もうやってられない! 婚活に限界を感じた瞬間「お金と時間と労力をかけても実りない」「出会いが事務的」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

「結婚」というゴールを目指し、多くの女性が日々励んでいる婚活。マラソンのようにゴールまでの距離があらかじめわかっていればつらくても頑張れますが、婚活だとそうはいきません。そもそも、本当にゴールテープなんてあるのか……? そんな不安がわいてくる瞬間もあるでしょう。そこで今回は働く女性たちに、「婚活に限界を感じた瞬間」について聞いてみました。

■残り物に福……はナイの?

・「いい男がいなさすぎ」(33歳/生保・損保/営業職)

・「もう残っていないと思った」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「いい人はどんどん売れていく」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

最近は、結婚がすごく遅いか、それともすごく早いかの2つにわかれる傾向にあるようですね。アラサー世代は、谷間の年齢なのかもしれません。もう少し待てば、また出会いのチャンスが広がってくるのかも?

■収穫がなさすぎる!

・「いい人となかなか出合えないとき。まったく出会いがないと、気持ちが落ちる」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「いくらお金と時間と労力をかけても実りないとき」(23歳/医療・福祉/営業職)

・「何度も飲み会に行っているのに、毎回結果が出ないとき。お金がもったいないと思ってしまうし心も疲れる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

やってもやっても結果が出ない。これではモチベーションが上がりませんよね。こんなときは思い切って、婚活の方法を変えてみたり、いったん休憩してみたり……。というのも、いい方法かもしれません。

■もう……立ち上がれないかも

・「何度アタックしても振られる」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「親に紹介したあとに振られた」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

結婚を前提としていないおつき合いでも、振られれば精神的なダメージは大きいもの。「結婚」を見据えているなら、なおさらでしょう。その瞬間に、婚活の限界を感じとってしまう女性は多いようです。

■私、もう疲れたかも……

・「婚活すること自体疲れちゃうと思う自分が、ダメなやつだなと情けなくなる」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「面倒になったとき。やること自体、しんどいと思うようになったから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分が商品みたいに感じてしまって疲れてしまった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

人との出会いや恋愛は、自分の努力だけではどうにもならない部分が大きいもの。もちろん、多くの男性と出会えば、それだけ可能性が広がりますが、それでもダメなときはダメ。そこで「面倒」「疲れた」と思ってしまうのは、自然なことだと思います。自分を責める必要は、まったくありません。

■問題は自分の中に?

・「自分に本気で結婚する気がないことに、気づいてしまったとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いろんな人と出会っても好きになれないと、自分がおかしいのかと思ってしまう」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

人を好きになるって、なかなか意識してできることではありません。どれだけ多くの男性と出会っても、誰にもピンとこない。そんな時期もあるでしょう。そんなときは無理をせず、恋を休んでみては?

■発展しない!

・「なんとなく出会いが事務的で、ピンとこない。本当に相手のことが好きなのか判断しづらい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「婚活パーティーに行くと、前のパーティーにもいた男性メンバーをちらほら見かけたとき。来る人が限られてくるんだなと思ったので、別の場所での出会いを求めるようになった」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

毎度顔を合わせるメンツがカブっていたのでは、せっかく婚活をしていても、出会いが広がっていきません。こんなときは、婚活の方法そのものを見直してみた方がいいのかもしれませんね。

現在、婚活をしている、またはこれから婚活をはじめようと思っている女性も多いことでしょう。がんばっていく中で、もしかすると今回紹介したような「限界を感じる瞬間」がやってくるかも? そのときは、気持ちを楽にして、のんびり構えているくらいが、ちょうどいいかもしれませんね。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数202件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]