お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼を虜にする色気のあるキス4つ

ファナティック

大好きな彼とのキスは、2人の愛を確かめあう大切な時間ですよね。せっかくなら、できれば彼を夢中にさせてしまうような、色気のあるキスをたまには仕掛けてみたいもの。そこで今回は、色気のあるキスの仕方を、働く女性たちに聞いてみました。

<色気のあるキスの方法>

■ゆっくりと

・「ゆっくりと近づいて、軽く触れて離れる」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ゆっくり焦らすようにする」(28歳/金融・証券/営業職)

・「動作をゆっくりと行って、手を相手の顔に当ててする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

すぐにキスするのではなく、焦らすようにゆっくりとキスをすると、色気が出るようです。目が合ってもすぐにしないで、少し焦らすのがポイントですね。

■濃厚に

・「ゆっくり濃厚なキスをする」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ちょっと焦らし軽くしながら、濃いキスをする」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「からみつくようにする」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

いつもより時間をかけて、ディープなキスをするといった人もたくさんいました。おとなしい雰囲気の女性に濃厚なキスされたら、彼がそのギャップに驚いてしまうかも!?

■さりげなく

・「さりげない感じのキス。色っぽい感じがすると思うから」(32歳/不動産/専門職)

・「さりげなく、スマートな感じ」(24歳/食品・飲料/専門職)

普段の生活の中でさりげなくキスをするというのも、実は色気が感じられるのだそう。彼がその気になってきたら、だんだんと濃厚なキスになっていくかもしれませんね!

■愛情表現MAXで!

・「彼におねだりしながらのキス」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「キスをしながら相手の頭に腕をまわす」(28歳/機械・精密機器/技術職)

焦らしたりするのではなく、彼に「キスがしたい!」と言わんばかりにキスをしたほうがいいという意見も。その素直さが本当の色気を出してくれるのかもしれません。

<まとめ>

いつもと同じキスも安心するけれど、たまには色気のあるキスで、彼をドキドキさせてみてはいかがでしょうか。「少しマンネリ化しているな」と思ったときは、ぜひとも試してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数166件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE