お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子に聞いた! 公共のトイレのフタは閉める? 半数以上の人が●●と回答!

ファナティック

トイレ外出していれば、どこかで必ずお世話になるのが公共のトイレ。最近は清潔なのはもちろん、ドレッサールームがついているような、おしゃれなトイレもあるようですが、そんな公共トイレの使い方について、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.公共のトイレで用を足したあと、便器にフタがあれば、閉めてから外に出ますか? 開けたままにしますか?

「閉める」52.8%
「開けたままにする」47.2%

「閉める」と答えた女性が、若干半数を上回ったものの、ほぼ半分に分かれる結果になりました。どちらの回答にもそれぞれの言い分があるようです。詳しく聞いてみましょう。

<「閉める」と答えた女性の意見>

ニオイや菌の拡散防止のため

・「ニオイが広がらないように」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「流すときに閉めないと菌が広がると聞いたことがあるので」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「流しているときにも汚水が飛散すると何かで読んだから」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

水を流すときに、ニオイや菌が飛びちる可能性が高い、ということを知っている女性が多いよう。衛生的にもそうですが、水はねも防げるので、トイレをきれいな状態に保つためにも、フタを閉めた方が良さそうですね。

節電のため

・「温水便座ならばそのほうが節電になると聞いたことがあるので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「便座の電力消耗を節電したほうがいいと思うから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

温水便座の場合、便座を開けることでスイッチが入り、閉めると自動的に電源が切れたり、節電モードになるシステムになっています。節電のためには、使用後の便座は閉めるのがベターですね。

<「開けたままにする」と答えた女性の意見>

触りたくない

・「入るときにフタを触りたくないから」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「なんとなく必要以上に触りたくないので」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「フタを触るのがまず気持ち悪いので」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

便器そのものに、できる限り触りたくない、と答える女性が多数。不特定多数の人が触っている便器だと思うと、不潔なイメージを抱く人が多いかもしれません。家のトイレの使い方とは少し違うのかもしれませんね。

面倒くさい

・「自分が入ったとき、いちいち開けるのが面倒だから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「急いで入る場合ふたを開けるのですら手間なので。
特に混んでいる場合は閉める意味がない」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「次の人が開けるのが面倒だろうと思って。私も開いてたほうがありがたい」(33歳/金融・証券/専門職)

いちいち開けたり閉めたりは面倒くさい、という意見もありました。公共のトイレはいつも混んでいることが多く、すぐに次の人が使うことがわかっている場合には、次の人のことを考えて、あえて開けたままにしておくケースもありそうです。

公共トイレについては、家でのトイレとは少し違った考え方をしている女性が多いことがわかりました。どちらにも、次に使う人のことを考えて、という気持ちが含まれている回答が目立ちました。みんなが使うトイレだからこそ、女性としていつもきれいに、清潔に使う最低限のマナーは心得ておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数233件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE