お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ひたすら耐えます! 女性が並んでもいいと思える行列とは?

ファナティック

外国人から見て、日本での不思議光景のひとつに挙げられる「行列」。話題の新商品が販売される日はテレビの中継で「〇時間前から並んでます!」なんてインタビューを受けている人もよく見ますよね。実際、並ばないと買えないものや入れないお店なども少なくないので仕方なく並んでいる人もいますが、みなさんはどんな行列なら我慢できますか? 女性たちに聞いてみました。

Q.行列に並んでもいいなぁと思えるのはどんな行列ですか?

 「遊園地などのアトラクション」……48.8%
 「流行りの食べ物屋さん」……30.2%
 「バーゲンなどの服屋さん」……10.3%
 「アーティストグッズなどエンタメ系」……6.2%
 ※その他を除く

遊園地などのアトラクションなら並んでもいいと思う女性が半数近くも。次に、今までにどんな行列に何時間くらい並んだことがあるのか、そのときに誰と一緒だったのかを聞いてみましょう。

話題のスイーツ!

・「2時間真夏にパンケーキのために並んだことがある」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「ポップコーンを購入するため、3時間ほど並んだ」(27歳/情報・IT/技術職)
・「百貨店の元旦の福袋を買うときに、女友だちと5時間並んだ」(32歳/医療・福祉/専門職)

開店と同時に、お目当ての売り場にわき目も降らず一直線。百貨店の福袋販売ではよく見られますが、そのために5時間並んだという女性も。ポップコーンやパンケーキなど海外の有名店も日本上陸からしばらくの間は行列必至ですが、話題に乗り遅れないためには並んででも食べてみたいという人は少なくないようです。

好きなアーテイストのためなら

・「K-POPアーティストのツアーグッズ販売で3時間強。12月で寒い中苦痛だったけれど、ペンライトなどLIVEに必至のアイテムだったので気合いで並んだ」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「アーティストのグッズ販売で販売開始の3時間半前から並んだことはあります。グッズ販売の行列で仲良くなって今でも交流が続いている友人がいるから、並ぶのもアリかなと思いますね」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「アーティストのイベントチケット。8時間くらい並びました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
・「EXILEライブのグッズ販売……ママと一緒に行って最長2時間くらい並んだ」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

ライブのチケットやグッズの販売。好きなアーティストのためなら真冬に何時間並んでも構わないという女性もいるようです。一瞬で売り切れてしまうプラチナチケットやグッズのためならと行列に耐えているうちに仲間意識が芽生えて、その後も進行が続いているということで、行列も悪くないという人もいるみたいですよ。

テーマパークは行列が当然?

・「USJのスパイダーマンで400分待った」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「並ぶのは嫌いですがディズニーのアトラクションならば2時間くらいは並べるのが不思議です」(24歳/機械・精密機器/営業職)
・「3時間くらい? 富士急のええじゃないかで。前の職場の人たちと」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

デートや家族、友だちと遊びに行くテーマパーク。並ばずに乗れるアトラクションは皆無と言っていいほど行列ができていることは暗黙の了解。待っているのは苦痛に感じるかもしれませんが、その先に楽しいことがあると思えば、行列の中にいる時間も思ったより短く感じてしまうかもしれませんね。

行列ができるからには、おいしいものが食べられるだろうし、いいものが買えるとみんなが同じことを考えるからこそ行列になっちゃうんですよね。誰だって「行列が好き!」と思って並ぶわけではありませんが、誰かと一緒に並んでいると、意外と行列を苦痛に感じることはなさそう。これから迎える秋の行楽シーズン。行列を覚悟してテーマパークに行く人も多いと思いますが、どうせ行くなら待ち時間も楽しいと思える人と行きたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数242件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE