お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 「女性の理想は●●だけど、現実は●●でもOK」なこと5つ

異性に求める理想はさまざまありますよね。でも理想ばかりを追っているとなかなか恋人ができなかったり、結婚にいたらなかったりするもの。そこで今回は、男性たちに、「女性の理想は●●だけど、現実は●●でもOKなこと」について聞いてみました。
 ■スタイルの理想

・「理想はいいスタイルだけど現実はそうでなくてもOK。スタイルは努力でなんとかなるから」(32歳/情報・IT/技術職)

スタイルがいいに越したことはないですよね。でも努力次第でスタイルは変えられる、ということで現実はちがってもOKだということだそうです。

■顔の理想

・「理想は美人だけど現実は美人じゃなくてもOK。結局顔はどうでもよくなってくるから」(32歳/小売店/事務系専門職)

もちろん顔も美人であればあるほどうれしいのが男心。ただ長く付き合っていると顔よりも内面のほうが重要になってくるので、それほど大きな問題ではないみたい。

■料理の理想

・「理想は料理上手だけど、現実は下手でもOK。どうにかなる部分だから」(39歳/情報・IT/技術職)

結婚相手の条件に料理上手をあげる男性も多いものですが、実際は下手でも、結婚後に上達すればまったく問題ないようです。

■年収の理想

・「理想は平均並みの収入ありだけど現実はその半分くらいでも可」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

共働きが一般的になって現代、女性にもある程度の年収を求める人が。ただ、自分も稼いでいるので、そこまで高い年収でなくてもなんとかなると考える男性は多いようです。

■バストの理想

・「理想はお椀型のDカップだけど、現実はBカップでもOK。お椀型のキレイな形であることを優先するから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

男性はそれぞれにバストの理想があるもの。とくに大きさには好みがあるようですが、それ以上に形のほうが重要ということのようです。

異性に対する理想やあこがれは、ほとんどの人が持っているものですよね。ただ、そう完璧な人はなかなかいません。だからこそ、外見的なもののようにどうすることもできない部分は、現実にはそう重要ではないと考える人が多いのかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]