お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女と男の生態

私、リア充のはずなのに!? 女性は彼氏がいても「充実してない」と感じた瞬間

ファナティック

仕事も順調、プライベートでは彼氏もいてというリア充な生活をしているはずなのになんとなく「満たされてない」という気分になる。そんな経験ありませんか? まわりから見ると何に不満があるのかと思われるかもしれませんが、自分自身が充実感を感じられない生活なんてつまらないもの。今回はリア充のはずなのに満たされていないと感じる女性たちの正直な気持ちを聞いてみました。

Q.あなたは彼氏がいても「自分の生活が充実してないなぁ」と感じたことがありますか?
「ある」23.1%
「ない」76.9%

彼氏がいるのに生活が充実していないと感じたことがある女性は約2割。では、どんなときにそう感じたのか詳しく聞いてみましょう。

■生活に刺激が感じられないとき

・「なんとなく毎日がルーティンワークのようになってしまっているとき。新しい刺激があまりなく、むなしさを感じてしまう」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「なんとなく順調の関係だとほかに趣味を持ちたくなる」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「彼との生活にマンネリを感じて、別れたいのになかなか別れてもらえなかったとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

仕事も彼との付き合い方も順調にいっていることが当たり前で、それをマンネリだと感じてしまうと充実感も得られないようです。何も変わらないということは実は幸せなことですが、毎日同じことの繰り返しだと新しい刺激が欲しくなってしまう。そんなときに「このままでいいの?」という気になる女性は多いかもしれませんね。

■会う時間がないとき

・「会えないと充実感はない」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「遠距離の彼と付き合っていたときには、全然遊べないしお金はないしで充実感がなかった」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「全然会ってくれなくて、ラインの返信も全然くれない」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

付き合っているのになかなか会う時間が作れないときや連絡しても返事が返ってこないときなどに充実感を感じられなくなるという女性もいます。遠距離だと会うのにもお金がかかるし負担に思ってしまうこともありそう。仕事が忙しいのはわかるけれど、もう少し自分のことを構ってほしいという気持ちがあると本当の意味でリア充になれないのかもしれませんね。

■彼中心の生活になっているとき

・「自己研さんなど自分のしたいことがおろそかになっていたとき」(27歳/その他/その他)

・「彼氏に振り回されているとき。来週デートの予定だったから空けておいたのに、急に仕事が入ったからとドタキャンされたりしたら、はじめからわかってたら友だちと約束入れたのに!と怒る」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「彼氏に縛られすぎて自分の時間が持てなかったとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「あまりにも束縛が激しい人。彼の機嫌ばかりを気にしていたら、自分の時間がなくなっていた」(28歳/機械・精密機器/その他)

彼の束縛が激しすぎて彼中心の生活になっていることに気づいたとき、自分のための時間がないと感じたときに「充実してないな」と思う女性もいるみたいですね。デートのために予定をあけておいたのに彼の都合でドタキャンされたりすると、時間を無駄にしてしまったなという気持ちになるのも当然ですよね。

付き合っている人がいるというだけでは「リア充」とは呼べないということがよくわかる今回のアンケート結果。彼とうまくいっていないというわけでなくても自分の思ったような付き合い方ができていないと充実感は得られないということのようです。会いたいときに会える、彼との付き合い以外にも自分のしたいことができる。そんな生活が女性たちの思うリア充ということでしょうか。何もかもが順調なのに満足できないというのはぜいたくかもしれませんが、欲張ってしまう気持ちって確かにありますよね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数147件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]