お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 目元美人の秘訣

働く女性たちに聞く! オフィスでの乾燥対策3選

ファナティック

夏のオフィスは冷房がガンガン効いていて、肌の環境にはよくないもの。1年中オフィスで乾燥対策をしている女性たちは、きっと少なくないですよね。そこで今回は、世の女性たちにオフィスで行っている乾燥対策を教えてもらいました!

■化粧水をシュッ!

・「スプレーの化粧水をする」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「トイレに行くタイミングでフェイススプレーする」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「化粧水を、休み時間につける」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ミストスプレーを持ってこまめにかける」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

一番多くの女性が実践していたのは、ミストスプレーの活用。メイクの上から定期的に「シュッ!」とやるだけでだいぶちがいます!

■涼しいけどエアコンには注意!

・「エアコンの下にあまりいないようにする」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「冷房にあたりすぎないようにする」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「保湿クリームなどを塗ること。あまりエアコンの風のあたるところに行かないこと」(24歳/食品・飲料/専門職)

エアコンの乾燥した風は肌の大敵。できるだけエアコンとは距離を置き、乾燥から身を守りましょう!

■小さな加湿器を……

・「加湿器を自分専用で使ってる人はいた」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「加湿器」(28歳/生保・損保/営業職)
・「加湿器をつける」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

職場で加湿器の利用が許されている人は、率先して加湿器を使うとよさそう。USBで繋げる自分だけの加湿器など、いろいろあるので自分にあった加湿器をぜひ見つけてください!

「夏だし、大丈夫でしょう!」という余裕が、乾燥によるスキントラブルの元。夏だって、女性の肌は乾燥の危険に晒されているのです。しっかり乾燥対策をして、この夏を美しい肌で駆け抜けましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数135件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]