お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 目元美人の秘訣

老けて見られたくない! 見た目年齢を若くするメイク方法3選

ファナティック

年齢を重ねれば、誰しも少しずつ老けていってしまうもの……。しかし、ときの流れに身を任せるばかりでは、美しさがどんどん失われてしまいます。そこで今回は、世の女性たちに、若々しく見せるメイクのポイントについて教えてもらいました!

■ベースメイクが若さを作る

・「ベースメイクをていねいに行う」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「目尻の小さなシワもすべて隠す。目元に年齢が出るから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「メイクはナチュラルに。ニキビ跡があっても過剰に隠さない。塗りたくると、ほうれい線などシワが目立つ」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「目の下のクマとほうれい線をコンシーラーで消す」(33歳/医療・福祉/専門職)

顔を見たとき、印象の大部分を占める肌。そこに毛穴やシミやシワがあると、一気に老けている印象になってしまいます。ベースメイクは手を抜かず、しっかりと美しい肌を作りましょう。

■ハイライトを効果的に

・「ほんの少し、明るめの色を使うこと。明るすぎるとケバくなってしまうが」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ハイライトやベースで明るくする」(28歳/情報・IT/営業職)

・「ハイライトをしっかりつけて、チークをつけすぎない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ラメを入れる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

顔に陰影がないと、全体的にのっぺりした印象になってしまいます。ハイライトを使って表情を明るくすれば、いつもより若く見えそうですね。

■派手な色は使わない!

・「鮮やかすぎる色を使わない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「濃い、深い色の化粧をしないようにする」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「変に派手な差し色を入れないこと」(23歳/小売店/事務系専門職)

自分の顔のパーツに自信がないと、ついつい派手な色を使ってごまかそうとしてしまうことも……。「派手なメイクの人」にならないように気をつけましょう。

同窓会など、久しぶりにあった友だちに「昔はキレイだったのに……」なんて、言われたくないですよね。年齢に応じてメイクを変えて、いつまでも若くみずみずしい美しさをキープしましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数135件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]