お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男性に「あたしMなんです」と分かってもらえる普段のトーク4選

デート彼、かっこいいしSっぽいし、と思っていざ付き合ってみたら、彼はドMでおおいにがっかりした……こういうことって、なきにしもあらずではないでしょうか? 一応、世間では、Mの女子が多いことになっていますので、今回は、男性に「あたしMなんです」と分かってもらえる普段のトークについてご紹介したいと思います。付き合う前に、「あたしはMだからねっ」ということを相手に分かってもらっておくと、なにかと便利ではないでしょうか。さっそくご紹介しましょう!

■1:「○○君の好きなほうでいいよ」

「気になっている彼とごはんに行くとき、彼がお店を二択で提示してくることがあります。そういうときに『○○君の好きなほうでいいよ』と言い続けているうちに、彼はあたしがドMであることに気づきはじめました。ラッキー!」(25歳・ネイリスト)

Mとは従順な生き物であるという男子の持つセオリーにドンピシャってことでしょうか。
定番にして王道をゆくパターンでしょう。

■2:「そうかな?」(会話をはぐらかすのがうまい)

「あたしは、ふだんSっぽく振る舞います。彼になにを言われても『そうかな?』とか、なにかツッコミを入れたりしています。Mであることを隠したいんです。でもそのうち、会話の端々で、彼はあたしがドMであることを見抜いてきました」(26歳・歯科衛生士)

たしかにこういうMの女子もいますよね。相手の言葉にツッコミを入れたり否定したりしているうちに、男子のS心に火がつくのかもしれません。粘り強く、ツッコミを続けていると、そのうち勘のいい男子は気づくということ?

■3:「あたしがやるから大丈夫」

「あたしは、なんでもじぶんがやります……という姿勢をアピールします」(24歳・ヘアメイク)

こちらも定番のパターンかもしれません。

■4:「あたしMだから」

「会社の飲み会とかで、かならず下ネタ談義になりますよね? そういうとき『あたしMだから』とはっきり言ってしまいます」(26歳・役員秘書)

王道をゆくパターンかと思います。今や「君ってS? M?」なんて会話をセクハラ認定しない女子もいますもんね。時と場合によるかと思いますが、セクハラだなんだと言わなくてすむような相手と食事に行くといいということでしょう。

いかがでしたか? 勘のいい男子は、女子の顔を見ただけで、SかMかわかると言います。
そういう男子でも判断に困るのが、上記2ではないでしょうか。Sっぽく会話しているこの女子は、ホントにSなのか、Mなのか……。困っている男子を前に、女子まで困る必要はないと言えます。SやMという、ひとの根本的な性格って、しょっちゅう会話していればそのうち勘で分かるものです。ふつうの会話をたくさんする……どうしても彼が判断に困っているようなら「あたしMだから」と自己申告する。これでOK? あなたがOKならあたしもOKだよ……OKじゃないけど、もしあたしがOKって言ったらあなたはどうする? ……あたしMだからなんだってOKだよ! 男子に「あたしはMです」ということを知らしめる会話には、かくもいろんなパターンがあるのです。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]