お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

乙女心はフクザツ! 好みではない男性からの好意、モテにカウントする? 「しない」⇒59.9%

よく「異性からモテたい!」とか「モテ服」「モテメーク」という言い方をしますが、そもそも「モテる」というのはどういうことなのでしょうか? 自分の好みではない人からモテても仕方ないという人もいれば、モテの中に入るという人も。今回は、働く女性に「好みでない男性から好意を持たれたときにカウントするか」について聞きました。

Q.好みでない男性から好意を持たれたとき「モテ」にカウントしますか?

「カウントする」……40.1%
「カウントしない」……59.9%

カウントする派が約4割、カウントしない派が約6割でした。詳しい理由を見ていきましょう。

<「カウントする」派の意見>

■「とりあえず」

・「とりあえず……」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「一応、好かれたから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「一応、男性なので人数にはいれておく」(32歳/その他/クリエイティブ職)

「とりあえず」「一応」カウントするという意見が目立ちました。

■モテはモテ!

・「好意を持たれること自体少ないので、相手が誰であれ『モテ』にカウントする」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「好みの男性からの好意だけなら一生モテない気がするので」(26歳/情報・IT/営業職)

・「好みの人から好かれることが少ないから、こういうケースもカウントしないとやっていけない(笑い)」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

そもそも好意を持たれること自体が少ないから、「モテ」にカウントするという意見です。自分の好みの人だけをカウントしていたら確かに「モテ」という状態になるのが難しそうです。

■プラス思考で

・「好かれることはうれいことだから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「好みでなくても好意をもたれたということはもてている証拠とプラスに考える」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好かれていやな気分になることはあまりないですよね。「私なかなかやるじゃん」とポジティブになれるならどんどんカウントしちゃいましょう。

<「カウントしない」派の意見>

■「迷惑」「恐怖」「黒歴史」

・「自分が不快なだけだから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「むしろ恐怖や恥にカウントする」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「それはただの迷惑だから」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「黒歴史にカウントする」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

いきなり厳しい意見ですが、好みでない人からの好意に対して応えることはできないので「迷惑」ということなのでしょう。

■好きな人からモテたい!

・「量より質。好意のある人、モテる人に好かれるのが真のモテだと思う」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「好きな人に好かれないと意味がないから」(28歳/金融・証券/営業職)

確かに、好きな人から好意を寄せられるのが1番ですよね。

■あえて……

・「自分に厳しくします。そうしないと伸びないから」(24歳/食品・飲料/技術職)

アスリートのような精神ですね。

■そもそも……

・「自分がモテてる、とか考えたくないから」(25歳/その他/その他)

自分がモテている、モテてないと考えること自体、意識するとちょっと恥ずかしいかも。他人の前では口にできません。

いかがでしたか? 「カウントする」派と「カウントしない」派が拮抗する結果になりました。「モテ」の意味するところが人によってちがうあいまいということなのでしょう。今度は、何をもって「モテ」とするのかも聞いてみたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]