お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

まだ言いたくない! 付き合うまでバレたくない私の秘密4つ

ファナティック

好きな人には、いいところだけを見せたくなるのは当然のこと。「ありのままでいたら誰とも付き合うことなんてできない」と思っている人は多いのではないでしょうか。今回は、「付き合うまでは隠しておきたいこと」について、働く女性たちに聞いてみました。

■所帯じみた生活感

・「洗濯物や節約グッズ。恥ずかしいから」(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「掃除機をかけているところ。汗だくだから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

家事をしている姿や、所帯じみた生活感を見せたくないという意見です。家事ができる女性は好印象だけど、生活感が漂っているのはNGですよね。できれば付き合う前には見せたくないところです。

■可能な限りかわいく見せたい

・「メガネをかけている顔。ド近眼すぎてメガネのレンズが牛乳瓶の底みたいに厚くて目も小さくなってまぬけな顔になるから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「すっぴん。アイメイクが濃いから化粧を落とすと別人になるため」(28歳/金融・証券/営業職)

女性の朝は大変です。寝起きのまぬけな顔から変身させなければいけません。付き合ったらいつかは見られてしまうすっぴんでも、付き合うまではかわいい女性でいたいのです。

■自分だけのプライベート空間

・「自分の部屋。築50年以上の古いマンションなので恥ずかしいから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「整理整頓が苦手なので、汚部屋を見せたくない」(30歳/医療・福祉/専門職)

本当はステキなマンションのキレイな部屋に住んでいたいけど、現実はそう言っていられません。で他人を招き入れるには大がかりな掃除が必要ですし、心を許した人しか足を踏み入れることを許せませんよね。

■秘密の趣味

・「オタクグッズ。引かれそうだから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「部屋。置いてあるものがなかなかマニアックだったりするので、わかり合ってからじゃないとお見せできません」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

オタクと聞けば秋葉原に集う男性たちを思い浮かべる人が多いと思いますが、オタクは男性に限ったことではありません。趣味の話をするのは、少し彼と仲よくなってからのほうが安心かも?

人は多かれ少なかれ秘密を抱えて生きています。親密な関係にならないのなら知らないほうがいいこともあります。本当の姿を見せても自分を受け入れてくれる、心の広い男性と付き合いたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]