お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

親や親戚からの面倒な質問をピシャリ! “神対応”テク6つ

お盆を迎え、実家や田舎に帰省する人も多いのでは? 家族やめったに会わない友人に会えるのはうれしいけれど、「結婚しないの?」や「子どもはまだ?」など面倒くさい質問をされることもありますよね。今回は、家族やまわりからの面倒な質問に“対応”するテクニックについて、働く女性に聞きました。

■“塩対応”で……

・「結婚してもよいことないし、結婚しない主義だから、と言って突っぱねる。そうすればそれ以上相手は何も言ってこない」(24歳/食品・飲料/専門職)

はっきりと突っぱねれば相手もそれ以上何も言ってきません。

■笑って対応

・「今時あえて結婚しない人もいるのにー?(笑)、子どもなんて授かりものなのに催促する人なんて失礼極まりないー(笑)と笑いながら冗談っぽく蔑む言葉を述べる」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

笑いながらも、チクチクと相手の非礼を指摘するという高等テクニックです。

■攻めの姿勢で……

・「『だったらちゃんとした人紹介して!』と言う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「『誰か紹介してください!』で大体済む」(32歳/不動産/専門職)

相手に頼んでしまうというのも手です。本当にいい人を紹介してくれたらラッキーですよね。

■“名言”が飛び出しそう……

・「親に『そろそろ結婚を真剣に考えたら?』と言われた時、『条件を満たしてる相手は何人かいるから今品定め中』と返すと、『あんたも意外とやり手なのね』と安堵の表情をして機嫌がよくなる」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「私は長い人生を短距離走しているわけではない。と宣言する。この意味が分からない人にとやかく言われても聞く耳を持つ必要はないと割り切っている」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「『人間万事塞翁が馬』と答えて煙に巻くようにします」(33歳/医療・福祉/専門職)

うまい返しをすると自分がちょっと賢くなった気がしませんか? 普通に返すのもつまらない、という人はぜひ参考にしてみてください。

■明るくスパッと!

・「『まだです』と明るくはっきり言う。変にはぐらかすとさらに突っ込まれるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「『まだ!!』とスパッと言う。(33歳/医療・福祉/専門職)

面倒な質問にはひと言で返してさっさと終わらせてしまいましょう。

■リア充ぶりをアピール

・「自分の仕事や趣味が充実していることをアピールするとあまり言われない」(25歳/医療・福祉/専門職)

相手も自分を心配して言ってくるのかもしれませんね。相手に安心してもらえばこっちのもの?

いかがでしたか? 自分のことを心配してくれていたり、深い意味はないとわかってはいても「またきたか~」と思ってしまう面倒な質問。この際、ちょっとひねりのきいた答えをしてみるのもおもしろいかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数138件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]