お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【独女のホンネ】結婚したら、専業主婦になりたい? 働き続けたい?

ファナティック

小さい頃の夢はお嫁さん!と言っていた少女も、成長し自分の収入で生活するようになり、気が付けば毎日仕事ざんまいの日々……。そんな中出てきた結婚のお話。そのとき30代の女性は仕事に対してどのような判断をするのでしょうか。結婚後の仕事観を聞いてみました。

Q.結婚後の理想の働き方について教えてください。

1位「このまま正社員で働き続けたい」……49.6%
2位「パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい」……33.9%
3位「専業主婦になりたい」……13.9%
※その他は除く

雇用形態に関わらず、結婚後も仕事を続けたいと考えている女性が多いことがわかりました。それぞれの理由を見てみましょう。

■このまま正社員で働き続けたい

・「今の会社がすごく気に入ってるのでやめるのはもったいない」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「相手がどんな人かによるけど、今くらいの収入を得ていないと誰のおかげで食べてるんだとか、食わしてやってるんだぞみたいな態度をとられそうで、そういうとき下手に出なきゃいけないのはさびしいから」(33歳/金融・証券/専門職)

・「保険や年金などに響くし、自分も生活の基盤を持ちたいから」(31歳/不動産/事務系専門職)

自分も収入を得て、そのお金を家族のために使うことで夫婦関係は対等になります。また、日本はやはりサラリーマン至上主義の保険・年金制度であることは否定できないため、正社員で働き続けた方が老後が安心という意見もありました。

■パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい

・「子どものことなど、生活に重きをおいて過ごしたいから」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「今の仕事がハードなので心がすさみがちだから。結婚したら朗らかに家族と接したい」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「ずーっと家にいるのは無理なので。気分転換的に少し働きたい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

家族のことも考えながらバランスを取って仕事をしていきたいという女性が多いようです。今までバリバリと仕事をこなしてきた女性が、急に家の中で家事をして過ごすのは少々窮屈な感覚になってしまうかもしれません。

■専業主婦になりたい

・「結婚する第一の目的だから。共働きするなら結婚しない方が楽。子どもも別にほしくない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「子育てに集中し、子の成長をみたいから」(32歳/医療・福祉/専門職)

仕事が嫌なら仕方がありません。女性には専業主婦という道があるだけ幸運だと思いましょう。主婦には主婦なりの苦労がありますが、専業主婦に向いている女性も確かにいます。妻として、母として、家庭を守っていくのも女性の大切な社会的役割です。

以前なら、旦那さんが定年退職した暁には、多額の退職金と月々の年金で悠々自適な生活が送れると信じられてきました。しかし昨今その雲行きは怪しいものになりつつあります。自分の将来は自分で守るしかない!と考える女性が多いことも不思議ではありません。結婚後の仕事は家庭との両立が基本になります。女性が働くということは、とても偉大なことなのです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答件数115件(30歳~39歳の未婚女性)

お役立ち情報[PR]