お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋呼ぶ習慣

97.4%の男性がNO! 「金遣いが荒い女性」が結婚対象外となる理由3つ

ファナティック

日々の生活費はもちろん、将来のための貯蓄や養育費など、結婚生活において、お金に関する問題はついてまわるもの。結婚相手の条件として、「金銭感覚の一致」を挙げる人も少なくないのでは? では、世の男性は「金遣いが荒い女性」を結婚相手の候補として見るものなのでしょうか。アンケートでくわしく聞いてみました。

Q.「金遣いが荒い女性」は結婚相手の候補となる?
なると思う……2.6%
ならないと思う……97.4%

ほとんどの男性が、金遣いが荒い女性との結婚は考えられないよう。なぜ結婚相手の候補とならないのか、その理由を教えてもらいました。

■生活ができなくなっちゃう

・「非常識な金の使い方をされたら、自分の経済力では養いきれないと思うから」(25歳/建設・土木/技術職)

・「生活に支障が出る。借金生活になる可能性が高いから」(23歳/機械・精密機器/その他)

常にお金の心配をしながら生活していくのは、精神的にもかなりキツいものがあります。お金をどんどん使っていき、このままでは借金をしなければいけなくなるかも……という恐怖に悩まされていては、心が安らぐ結婚生活は無理でしょう。

■老後が心配

・「貯金ができなくて、老後に苦労しそうだから」(35歳/建設・土木/技術職)

浪費は老後の生活費からお金を前借りしているに過ぎません。いずれやってくる老後を安心して迎えたい男性にとっては、女性の金遣いの荒さは軽視できる問題ではないでしょう。貯蓄をまったくしていないような、金遣いが荒い女性と、将来一緒に過ごしているイメージは持てないのかも?

■いずれ夫婦関係に危機が訪れる

・「金遣いが荒いことは、ケンカの原因にもなると思う」(36歳/情報・IT/技術職)

・「金の切れ目が縁の切れ目……ということになりそうだから。どちらかと言えば自分はケチと呼ばれがちのほうであり、本質的に合うとも思えない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「自分とまったく合わないので」(27歳/人材派遣・人材紹介/営業職

お金の問題が結婚生活を行き詰らせる可能性は否定できません。独身時代からの浪費グセは、結婚したからといってすぐに治るものではありません。そもそもの価値観がちがうことに、結婚生活の難しさを感じる男性も多いようです。

独身であれば、無駄遣いをしても自分にその責任が降りかかってくるだけですが、結婚となると、自分のお金の使い方がパートナーにも迷惑をかけることになりかねません。今現在、浪費グセがあると自覚している独身女性のみなさんは、来たるべき結婚生活に向けて、少しずつでも「堅実な女」であるよう意識していきたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数118件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]