お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ぶっちゃけ女子の本音! 女子会と合コンはココが違う! 「小食を装う」「いちごのメニューを頼む」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

女子会と合コンではちがう、メニューのチョイスときどき、男性を前にすると態度がコロッと変わってしまう女性を見かけます。そういった女性は同性から批判されがちなワケですが、男性にかわいく見られたいという気持ち自体は、きっとみんな持っていますよね。例えば、合コンで頼むメニュー。女子会とはちがうオーダーをする女性は多いのでは? 働く女性たちに、実際のところを聞いてみました。

合コンのメニューはやっぱり意識するもの?

・「合コンでは、おしゃれなものをオーダーする」(23歳/その他/事務系専門職)
・「合コンでは男性ウケがよさそうなものを頼むけど、女子会ではそれぞれが好きなものを自由に頼む」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

どうやら、合コンでは男性の目を意識して、オーダーするメニューを考えている女子が多いようです。少し凝ったメニューや珍しいメニューを注文すれば、オシャレさんに見えるかも? そこから料理の話になって、料理上手をアピールして……なんて流れも期待できそうです。

ドリンクにも気を配るべし!

・「合コンでは、はじめはビールで統一するけど、二杯目からはかわいいカクテルを選ぶが、普段はビール一択」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「合コンなら最初の一杯は相手に合わせる」(30歳/生保・損保/事務系専門職)
・「普段はビールかハイボール。合コンでもビールは飲むが、カクテルで我慢する」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

多くの女性が意識しているのは、やはりドリンクのチョイス。普段はビールにウイスキー、焼酎と、ガンガンいける酒豪女子も、合コンではかわいらしくカクテルにしている様子。周囲の人たちが何を飲むのかも、メニュー選びでは重要なポイントですね。

合コンでは「いちご」

・「合コンでは飲みものもデザートも、いちごとかかわいいイメージのものを頼むが、女子会では好きなものを頼む」(26歳/食品・飲料/技術職)
・「合コンではかわいいいちごミルクなどを頼む。普段はビール」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「女子=いちご」ということでしょうか? たしかに、いちごミルクのカクテルを注文している女子はかわいく見えるかもしれませんが……。同性からは「かわい子ぶっちゃって。普段はビールのくせに!」なんて思われていそうな気もします。

合コンには我慢がつきもの

・「合コンでは大口を開けなくても食べやすいもの、口や手が汚れないもの。女子会では唐揚げや焼き魚など、ガッツリした料理で手を使うようなもの」(28歳/その他)
・「女子会ではもつやニンニクたっぷり系だが、合コンではサラダやデザートを頼む」(32歳/金融・証券/営業職)
・「フグ皮が好物だが、合コンでは我慢」(26歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

食べ方が汚い女性を敬遠する男性は多いですから、やはり好物であっても、上品に食べるのが難しいものは避けるべきでしょうか。逆に、合コンなのに大口を開けてガッツリかぶりつく女性なんていうのも、インパクトがあっていいかも? ただ、男性ウケがいいかどうかはわかりませんが……。

ガツガツいくのは女子会のみ

・「女子会は食べたいものを食べたいだけ頼むけど、合コンは小食を装う」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「合コンではあっさりさしたものを選ぶ」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

本当に食べたいものを、好きなように食べるのは女子会のときだけ。そんな女性も多いようです。「たくさん食べる女子が好き」なんて言う男性もいますが、実際に目の前でガツガツ大食いされれば、きっと多くの男性が引いてしまうはず。

合コンにこだわりメニューは不向き?

・「女子会の方が、けっこうオーガニック系とかオシャレ系のお店をセレクトする」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「女子会ではスイーツづくしだが、合コンは定番でみんなが食べやすいものを選ぶ」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

合コンでは支払いが男性持ちだったり、男性の方が多く支払ったりするケースが多いもの。そう考えると、高級なメニューをどんどん注文するのは気が引けますね。こだわりのおしゃれメニューは、女同士で気を使わずに楽しむのがいいかもしれません。

夏は出会いの季節でもあり、合コンの予定が控えているという女性もいることでしょう。もしかしたら、友だちがいつもの女子会とはちがうメニューをオーダーするかもしれませんが、そこは見て見ぬふりをするのが暗黙のルールです。くれぐれも、「いつも、そんなの飲まないじゃん!」なんて言わないように!

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数208件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

森川ほしの/OFFICE-SANGA

大学で美学を学び、「美とは何ぞや」生涯この問いと向き合っていくことを決意。言葉、人、恋愛、社会など、さまざまものの中にある「美」を求め、フリーライターの道へ。マイナビウーマンで恋愛、マナー、話し方などに関するコラムを担当。

この著者の記事一覧 

SHARE