お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドライブデートで彼に見せるべき「3つの女子力」

ファナティック

彼と2人きりの時間が過ごせるドライブデート。街歩きのデートよりも親密さが増す感じがして楽しいですよね。せっかく2人きりになれるのだから、この機会に彼からの評価がぐんとアップする女子力を見せてはいかがでしょうか? 今回は、働く女性たちがドライブデートで実際にやってみて、彼に喜ばれた行動について教えてもらいました。

■運転している彼を気遣う

・「助手席で地図を見ながらナビ」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「運転をほめること。駐車をほめること」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「『休憩する?』とかこまめに聞く」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

運転が得意という彼でも隣に大事な彼女を乗せてのドライブは気も使うし疲れるもの。適度にタイミングを見計らって休憩を提案してみたり、彼の運転をほめることで彼の緊張感も少しはなくなりそうですね。知らない道を走っているときは特に集中力が必要なので、地図を見て道を説明したりという気遣いも彼にとってはありがたいかもしれません。

■タイミングよく飲み物などを渡す

・「『何か飲む?』と言ってペットボトルのふたをあけてあげたり、キャンディーを口に入れたりする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「赤信号のときに飲み物や食べ物を渡すこと」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「事前に彼の好きなドリンクやスナックを準備していいタイミングで渡す。そして、寝ない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み物と眠気覚ましのガムを用意しておく」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ウエットティッシュを持って行くと喜ばれた」(30歳/医療・福祉/専門職)

運転中は基本的に両手がふさがっているし、前を向いているものなので飲み物や食べ物を口にするのも大変。信号で止まったときや、渋滞で彼がイライラしはじめたときなどに飲み物などを勧めてあげると好印象を与えられそう。ペットボトルを渡すときにはキャップを外す、食べ物はひと口サイズにしておくというのもドライバーに対する小さな気遣いですね。

■小銭を準備する

・「料金や駐車券に気を使ってあげる」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「小銭を持っておく。ちょっとした停車時間に自販機でさっと飲み物を買ってあげると喜ばれるので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

パーキングや高速の料金所など、小銭が必要なときに助手席からサッと差し出してあげられると、彼からのポイントが高そう。運転を彼に任せているのだから細々としたことは助手席の役目という心構えを持っておくといいですね。すぐに小銭を出せるようにしておけばサービスエリアなどでも手早く買い物が済ませられそうです。

免許を持っている女性なら、助手席に人が乗っているときの緊張感や、運転しているときにしてもらいたいことがわかるはず。運転しないからといって、ただ単に「乗っているだけ」では運転している彼の疲れも倍増しそう。特に、長距離のドライブや渋滞しているときなどは、運転中の集中力も途切れがちになるので細やかな気遣いが喜ばれます。彼に「ドライブデートに誘ってよかった」と思われるようなサポートを忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数166件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE