お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が「おごって良かった!」と思う、おごられ女子がしていること4つ

ファナティック

おごられ女子

男性から、なぜかいつも割り勘ばかり要求されると「私、そんなに魅力ない?」なんて女性はガックリきてしまうもの。こんなときはおごられ女子を参考に! 社会人男性に、ついおごりたくなる女性の特徴を聞いてみました。

「ありがとう」がかわいく笑顔で言える

・「ありがとうっとかわいく言ってくれた」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「笑顔でありがとうと言う」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

おごってあげたときに、女性から笑顔でかわいく「ありがとう」と言われると、男性はとてもうれしいようです。男性におごってもらったときは「ごちそうさま」だけでなく「ありがとう」という一言も、ぜひ付け加えてみて!

どんな食事でもおいしい!と喜んでくれる

・「誘った食事を『おいしい』と言って喜んでくれたこと」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「1000円くらいのランチをおごっただけなのにすごく喜んでくれた」(29歳/不動産/その他)

たとえ1000円くらいのランチでも女性がすごく喜んでくれたり、「おいしい」と言って喜んでくれたりすると、おごった側の男性も気持ちいいしうれしいはず。おごってもらったら変に遠慮せず、思い切り食事を楽しむくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

きちんとお礼を言ってくれる

・「後からお礼の連絡があった。律義でいい子だなといい気分になった」(28歳/警備・メンテナンス/技術職)

・「ごちそうした後にちゃんとお礼を言ってくれる女性」(32歳/電機/技術職)

おごってもらったときにお礼を言うのはもちろんですが、その場だけでなく、あらためて後からお礼を伝えるのも高ポイントなよう。特に年上の男性や仕事上でつきあいのある男性からおごってもらったときは、少し丁寧な位にお礼をしておいた方がよさそうです。

礼には礼を尽くしてくれる

・「その分を何らかの形で返そうとしてくれる人。きっちり礼を尽くすタイプ」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「今度は私がおごるねと言って次回のデートの約束をしてくれた」(33歳/情報・IT/技術職)

ただおごられるだけではなく、おごられた分をキッチリ返そうとしてくれる女性も、男性にとって好印象。「次回のデートの約束をする」、「料理を作ってあげる」、「仕事の手助けをする」など、お金のかからない方法でもいいのでお返ししておくと、いいことありそう?

まとめ

男性がついおごりたくなってしまう女性は、おごってもらったことに素直に感謝でき、喜んでくれ、お礼をしっかりしてくれる女性なようです。もしもおごられ上手を目指したいなら、ぜひこの「感謝・喜び・お礼」の3点セットを忘れないようにしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE