お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

えっ、そうなの!? 海外旅行へ行ってびっくりした経験談

ファナティック

日本国内でも地方によって習慣というのは多少ちがうものですが、海外に行くと今までの常識を覆されるような経験をすることって少なくありませんよね。よくも悪くも「日本とはちがうんだ」ということでびっくりしてしまったのはどんなこと? 女性たちに海外旅行での経験談を聞いてみました。

Q.海外旅行へ行ってびっくりした経験はありますか?
「ある」……27.5%
「ない」……72.5%

海外旅行でびっくりしたことがあるという人は3割弱という結果に。では、どんなことにびっくりしたのか聞いてみましょう。

■トイレのたびにドキドキ

・「貧しいエリアのトイレは仕切りがまったくなかった」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「トイレに入るのにチップを払わないといけない」(29歳/情報・IT/技術職)

・「トイレットペーパーを流さずに備え付けのごみ箱に捨てることです。日本人の感覚で行けば、確実に流してしまいます」(31歳/その他/その他)

日本では公衆トイレであってもある程度はキレイに掃除されていて、もちろんドアがないなんてこともありません。トイレットペーパーを流してはいけない国、トイレが有料という国もあって、使うたびに「どうやって使うんだろう」とドキドキしそうです。

■フレンドリーすぎる接客にびっくり

・「接客が最低だったとき。あいさつもなかったので驚いた」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「スーパーのレジのおばさんが、ガムをかみながら接客してきたこと」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「空港でとんでもなく待たされたとき。もっとテキパキ仕事をしてほしい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「タクシードライバーが集まって昼間からビールを飲んでいた。声をかけられたから客引きかと思ったら、『楽しんでねー』というだけで仕事をする気がなかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

日本の接客はていねいでびっくりするという外国人の方の声もよく聞きますが、逆に日本人としてはフレンドリーすぎるというかやる気のない接客にびっくりすることも。「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」という店員さんの声が当たり前のように聞ける国はそんなに多くないではでしょうか。

■日本のいいところと悪いところに気づいた

・「タクシーに30分くらい乗っても1,500円くらいだった! 日本のタクシー高すぎやろ!とびっくり」(26歳/その他/その他)

・「電車がいつくるかわからない。日本って時間に正確なんだなと思った」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

日本では料金が高いこともあってタクシーを避けているという人もいるかと思いますが、外国ではかなり安くタクシーに乗れることがあるようです。このくらい安ければ気軽に乗れるだろうなと思う反面、日本とちがって電車の時刻表すら当てにならない国もあって、こういう国だと電車だから遅刻しないはずという常識も通用しなさそうです。

海外旅行でもパックツアーで団体行動ばかりをしているとあまりビックリするようなことに出会うチャンスもありませんが、ちょっとした空き時間に自由行動してみると常識を覆されるような場面に遭遇することもありそう。その国では当たり前だと思われていることが、日本人には非常識にしか思えないということは少なくなさそうですが、それで「いい・悪い」の判断をしてしまうのはちょっと危険かも。それぞれの国の文化や習慣なんだなとおうように構えておくのが旅を楽しくするコツかもしれませんよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数131件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE