お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

巨大なきのこ!?  京都のホテルに注目の新フード「ポップオーバー」新登場

ポップオーバー

ANAクラウンプラザホテル京都は、同ホテルオリジナルのパン「ポップオーバー」を、カフェレストラン「コージー」、ティー&カクテル「コトラウンジ」、フランス料理「ローズルーム」、中国料理「花梨」で販売開始した。

【クリーミー&爽やか!“NYの朝食の女王?「サラベス」新フレンチトーストを発売】

「ポップオーバー」は、小麦粉に卵と牛乳を合わせ、高温で焼き上げたパンの一種。これまで同ホテルの宴会で限定メニューとして提供しており、大変好評だったという。

バターとチーズを用いた生地は、表面はシューのように「サクサク」で、中は「もっちり」としている。中が空洞になっているので、ハムやサーモンなど好みの具材を挟んでサンドイッチとして楽しむほか、クリームや果物と合わせれば、スイーツとしても楽しめる。

同商品は、テイクアウト限定での提供となる。持ち帰ったあとはアルミホイルに包み、180度~200度のオーブンで約10分~12分加熱すると、おいしく食べることができるという。価格は300円(税込)。

(エボル)

SHARE