お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

●●なのに実は……! 男性のギャップに“萌えた”エピソード3選

ファナティック

「ギャップ萌え」なんて言葉もある通り、人はギャップの魅力に強く惹きつけられやすい生き物です。それは男女問わず感じるもので、女子たちもギャップに弱いもの。そこで今回は女子たちが「男性のギャップに萌えた」エピソードを聞いてみました。

■見た目は怖そうなのに

・「見た目は怖そうなのにやさしくて楽しい人だった」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「めちゃくちゃ怖そうなお兄さんがアンパンマンのキーホルダーをつけているのを見たとき」(31歳/不動産/専門職)

・「クールに見えるけど気さくだったとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「見た目コワモテなのに甘いものが好きだとかわかるとかわいいと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

「う、近寄りがたい……」と敬遠してしまうようなコワモテの男性が、意外にもかわいらしいものや甘いものが好きだったら、思わずふっと笑いが込み上がるようなときめきを感じてしまいそうです。

■モテそうな外見なのに

・「かっこいいのにオタク気質とか」(24歳/金融・証券/営業職)

・「チャラそうに見えて実はすごい真面目だった」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「背も高く、女性からモテそうだけれどおとなしくて真面目」(28歳/電機/技術職)

・「自信があるように見えるのに、本当は深い葛藤を抱えていることを話してくれたとき」(27歳/学校・教育関連/専門職)

外見はとにかくかっこよくて、女慣れしていそうな人が、実は……というギャップにも女子は弱いですよね。人には見せないオタク趣味などをカミングアウトされたら、一気に心の距離が縮んだような気持ちになってしまいます。

■堅物そうなのに

・「普段はビシッとまわりをマネジメントしているのに、飲み会ではフランク」(26歳/電機/事務系専門職)

・「男くさい人が、ケーキ好きだった」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「しっかり者が時々見せるオチャメさに弱いです」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「普段真面目そうでも、会話がおもしろかった」(23歳/その他/事務系専門職)

お堅く見えて、「会話も緊張しそう」と身構えていた相手が、話し上手でおもしろい人だったら、すぐにでも恋に落ちてしまいそうですよね。仕事と飲み会やプライベートのとのメリハリがあるのも素敵です。

女子たちがキュンとときめいたギャップ萌え体験、いかがでしたか? 「私のまわりにはそんな人……」と思っている人でも、もしかしたら、普段話さないあんな彼やこんな彼が意外にもギャップのある魅力を秘めているかもしれません。機会があったら、話し掛けてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数166件(22~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE