お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なにがそんなに不安なの? 「うたぐり深い彼に疲れて別れたエピソード」4選

ファナティック

恋愛において束縛が激しいのは女性だけではありません。男性だって、女性に匹敵するくらい、嫉妬深い場合があります。そこで今回は「うたぐり深い彼に疲れて別れた」エピソードを、女性たちに聞いてみました。

■猜疑心の強い男

・「猜疑心の強い男。いつ何をしているか、誰と会うか細かく知りたがる。友だちと遊ぶだけなのに『男と会ってるんだろ!』と言いがかりをつける。予定が合わないと『なんの予定だ?』と細かく聞きたがる。とにかくうたぐり深く嫉妬深く束縛しようとするので嫌になって別れた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほかの男の人と遊んだり浮気もしてないのに携帯や日記を勝手に見たり、友だちと遊んでるときにメールや電話を返さないとキレられて、嫌になった」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「浮気しているにちがいない」という前提で束縛してくる男性に嫌気が差したという女性たち。浮気するような器用なタイプじゃないのに、それ前提だと決めつけられるのは大変ですよね。

■友だち付き合いを制限してくる男

・「女友だち同士で遊びに行くときでも、『ナンパされるかも』と心配されて遊びに行くのを嫌がられ、疲れたというかあきれた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「男友だちと会ったり連絡をとることを止めてほしいと言われた。束縛がきつくなり、疲れて別れた」(30歳/医療・福祉/専門職)

また、彼女の浮気が心配で、友だち付き合いを制限してくる男性も。こうなると息抜きもできなくて、疲れて嫌になるのは当たり前ですよね。

■プライバシーを侵害する男

・「携帯を隠され、行方不明に……」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「浮気を疑われ、スマホを盗み見された等」(23歳/その他専門サービス/事務系専門職)

「愛されている」という実感が薄く不安になるのか、彼女の交友関係をこっそり調べようとする男性も。これは、やればやるほど気持ちが離れていく行為ですよね。

■常に一緒にいたがる男

・「ひとりが好きなので、ひとりで出かけることも多いのに『なんで誘ってくれないの? ほかに好きな人できた?』とか聞かれたり、いつも一緒にいようとされるのが面倒くさくなって別れてしまった」(25歳/その他/その他)

・「電話がしょっちゅうかかってきて疲れた」(30歳/電機/事務系専門職)

彼女のことが好きすぎて、常に一緒にいたがったり、ひんぱんに連絡を取りたがったりする男性も。このタイプの男性とつきあうと、子育てしているようで本当に大変! 暇な仕事じゃないと、途中でついていけなくなります。

女性と同じように、男性の中にも束縛して安心感を得ようとする人がいるようです。ただこんなふうに一方的に自分の思いだけをぶつけていると、彼女からの「愛してる」や「好き」という言葉が、なかなか届かないものです。もしあなたがうたぐり深い彼に困っているなら、一度しっかりとお互いの気持ちをぶつけあってみるのがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE