お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悪い男かどうかはココで見極める! 女子が男性にだまされないように気を付けていること4選

ファナティック

男性の言葉を信じたい気持ちはあるものの「本当に信じても大丈夫?」と不安になってしまうことってありますよね。疑ってかかるのは悪いとは思うけれど、だまされたとわかってショックを受けるのは自分自身。今回は、男性にだまされないために気をつけていることについて聞いてみました。

Q.男性にだまされないように気を付けている・注意していることはありますか?

 「ある」……26.2%
 「ない」……73.8%

普段から男性にだまされないように気をつけていることがあるという女性は3割弱ほどいるようです。では、どんな点に注意しているのか詳しく聞いてみましょう。

■甘い言葉・褒め言葉に注意

・「かわいいと言われても、ほかの人にも言っていないか気にする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「あま~い言葉ばかりを言う人とか、年齢の割にどこかおかしいって人は避ける」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「軽々しく褒めてくる人は信用しない」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性と見れば「かわいい」と褒め言葉を連発する男性は要注意。褒められて有頂天になっていると相手のおかしな行動にも気付けないので、褒められた時点で一度冷静さを取り戻すくらいの落ち着きが必要ですね。

■会話中の表情を見る

・「話すときの顔の表情は、よく見てるほうだと思う」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「言動や態度などを注意深く観察するようにしています」(30歳/その他/その他)
・「話に一貫性があるかどうか。嘘をつかないかどうか」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

話の内容に一貫性があるか、話しているときに目が泳いでいないかなど、会話をしながら厳しくチェックしている女性もいるようです。心にもないことを言うときや嘘をつくときの微妙な表情の変化を見逃さないのが、だまされないコツのようですね。

■自分のことをあまり話さない

・「自分の職業や住んでいるところなど、プライベートな話はちゃんと相手を知ってから話すようにしていて、なんとなく不安に思ったら何も教えない」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「男性を最初から一切信用せず、何度もあってから自分の素性を出すようにしている」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

相手のことをよく知らないうちから自分のことをベラベラ喋ってしまうのは危険。調子のいい男性なら相手に合わせて態度を変えるのも得意なので、知らないうちにつけ込まれることになるかも。

■隙を見せない

・「誘いにひとつ返事しないことです。大勢とかだったらいいけれど、個人だとちょっと考える、もしくは期間を持つ」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「すぐ2人での食事に誘ってくる男性の誘いには乗らない」(26歳/その他/事務系専門職)

誘ったらすぐにOKする女性だと思われないように、誘いに乗るときには慎重になることも大事。会って間もないのにすぐに2人きりになりたがる男性は、何か下心があると疑ってもいいかもしれませんね。

相手の男性をじっくり観察することでだまされないように気をつけているという女性は多いようです。「この人だけは大丈夫」と信用したくなったとしても、最初は客観的に相手のことを見る時間を作ることも必要。仲良くなるのはそれからでも遅くないですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数221件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE