お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛でも仕事でも「女の敵は女」なの?

仁科友里

こんにちは、「間違いだらけの婚活にサヨナラ」(主婦と生活社)の著者で、ライターの仁科友里です。少し前の「#Me Too」運動から、女性が連帯してセクハラなどの不正に「NO!」をつきつけようという機運が以前より高まっているように感じます。その一方で、バラエティ番組では女性による「こんなオンナが嫌い」という企画が頻繁に行われています。はたして、「女の敵は女」なのかについて、一緒に考えていきましょう!

「女の敵は女」だと感じたエピソード

「女の敵は女」という言葉を耳にすることはあるでしょう。しかし、その一方で「女の友情」にフューチャーした小説やドラマも人気です。女性たちはどちらを「真実」だと感じているのでしょうか。

「女の敵は女」と感じる女性は多い?

Q.「女の敵はやっぱり女だわ!」と思った瞬間はありますか?

・ある……51.8%
・ない……48.2%
※有効回答数170件

だいたい2人にひとりが、「女の敵は女」と感じたことがあると見ることができるでしょう。妥当な数字だと思います。次に、「女の敵は女」と感じたエピソードを見ていきましょう。

「女の敵は女」と感じたエピソード

表裏が激しく態度がすぐ変わる

・「会社で水面下の女同士の醜い陰口合戦を見ていると思う」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「表では仲よくしていても、裏で悪口を言いふらしているとき」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

マウンティングに足の引っ張り合い

・「なんだかんだでみんな自慢話が大好き。結婚している子は自分が勝ち組だと思っていて、すごく自慢してくる」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「恋愛や美容、人気などで抜きんでた人を徹底的に突き落とす。足の引っ張り合いをする」(28歳/機械・精密機器/技術職)

恋愛の場では当然「敵」!

・「女友だちに好きな人を打ち明けたら、次の日に友だちがその彼に告白していた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いい男の前だとどんなに親しい友人や同僚でも、無意識のうちにライバル心を燃やして火花を散らしてしまう。恋愛で先を越されないかという猜疑心が強く、ちょっと魅力的な男性と一緒にいるだけで嫉妬される」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

この手のもめ事は私が20代だったころから変わっていないようですね。介護の仕事をしている友人から聞きましたが、老人ホームでもマウンティングや恋愛の足を引っ張るという行為は見られるそうなので、これは一生の問題なのだと考えてもいいかもしれません。

次ページ:どうして女性は「女の敵は女」と思ってしまうのか

SHARE