お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

すっぴんなのに2割増!? 働く女子の“かわいく魅せる自撮りテク”3つ

ファナティック

最近目にするSNSにアップされた「自撮り」写真。やったことはないけれど、本当はちょっぴりやってみたい? どうせなら人に見られるものだし、とびきりかわいく写っているものを撮りたいですよね。そこで今回は、働く女子たちに「すっぴんでもかわいく見えちゃう自撮りテク」を教えてもらいました。

■アイラインを引いてなくても、上目遣いでぱっちり目に!

・「ななめ上を見て目を大きく見せる」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「上目遣いで、手を頬に当てて小顔に見えるようにする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「上から撮って目を大きく写す」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

王道の上目づかい! 上目遣いだと確かに目が強調されて大きく見えますよね。角度をまちがえて、睨んでいるような目つきにならないように気を付けましょう!

■ファンデーションを塗らなくても、光の効果で色白美人!

・「顔の下に白い紙を置き、レフ版の代わりにして撮る」(26歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「光を多めにして、肌を白くする」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「逆光になるように撮影します。白っぽくなってごまかせます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「明るい場所で影ができないように撮る」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

プロのカメラマンがするように、光の効果を使うのもテクニックのひとつです。光を当てれば肌はそれをはね返し、白く見せることができます。

■最終奥義「カメラアプリ」!

・「美白モードで撮る」(24歳/情報・IT/技術職)

・「内緒ですが、LINE cameraというアプリを使って肌をキレイに見せる加工をします!」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「写真を撮ってから、アプリで加工する」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「アプリでしわやくすみを飛ばしてちょっとぼかす」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

「あれこれ試行錯誤するのがメンドクサイ!」という人は、カメラアプリを使ってみてください。最近はいろんな加工で、簡単に目を大きく見せたり、肌を白く見せることができます。

働く女子たちの自撮りテクニック、いかがでしたか? すっぴんでも、このようなテクニックを使えば、かわいい写真が撮れるようですね。好きな人に「すっぴんの写真送ってよ~」なんて言われたら、ぜひ「すっぴんはダメ!」なんて言わずに、自撮りテクニックを試してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性199件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE