お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

実は手先が不器用で……女子が不器用で困っていること10選

ファナティック

首をかしげる女性男性なら「不器用だから」と笑って済ませられることも、女性だと「そんなこともできないの?」と言われるのって理不尽な気がしませんか? でも、女性なら細かい作業もできるし器用なはずと思っている人が多いのも事実。今回は、不器用なせいで困ってしまうことが多いという女性たちに話を聞いてみました。

Q.あなたは手先が器用なほうですか?

「はい」36.2%
「いいえ」63.8%

自分で不器用だと認めざるを得ないほどの女性は6割以上。きっといろいろと困った場面に直面した経験があるのでしょうね。では、どんなことで困っているのか具体的に聞いてみましょう。

■裁縫ができない

・「裁縫をしても性格が大ざっぱなため、まっすぐに縫えない」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「服のボタンが外れても、うまく取り付けることができずに、すぐにとれてしまうから」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「布をまっすぐ切れないくらい超不器用です。細かい作業は完全に向いてません」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

裁縫といえば女性の得意分野と思っている人も多いはずですが、実際には布を真っすぐ切ったり、縫ったりすることすらできない不器用さんは少なくないようです。学生時代の家庭科の授業では肩身の狭い思いをしたのではないでしょうか。

■料理の手際が悪い

・「料理をしていても細かい作業になると雑になる」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「お弁当づくりや手芸など、かわいくできずにいつも雑な作りになってしまうことです」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「料理をレシピ通りに作れない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「料理が下手でよくやけどしたりする」(33歳/医療・福祉/専門職)

レシピを見ながら作ったはずなのにできあがるとまったくちがうものになっていたり、作業の途中でやけどしたり。辛うじて味はそれなりの物を作れたとしても、盛り付けの段階で台無しになることも少なくない不器用さんは料理にも苦手意識を持っているようです。

■ラッピングもぐちゃぐちゃに

・「包装などをうまく開けられることが少ない」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「細かな作業ができない。きれいに袋詰めしてガムテープでとめることができない」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いまだに蝶々結びが縦になってしまう」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

ラッピングをするのも開けるのも苦手という不器用女子。せっかくのプレゼントもぐちゃぐちゃにしてしまって自己嫌悪に陥ることもあるようです。子どもでもうまく結べる蝶々結びができないというのは、できればほかの人には知られたくないところですね。

手先が不器用な人の中には、最初から諦めてしまっている人もいますが不器用な原因が雑な性格だったとしたら改善の余地はありそう。時間がかかってもいいのでていねいに仕上げることを目標にすれば今までよりもずっとうまくいくはず。いつまでも不器用なままでいるのは自分が損をしてしまいますよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月30日~2月14日にWebアンケート。有効回答数246件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]