お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

女性に聞いた! 寝る場所がちがっても、眠れるほう? 眠れないほう?

ファナティック

枕が変わると眠れないなんて人、いますよね。美と健康のためにはしっかりと睡眠をとって休息することが必要ですが、寝る場所が変わると眠れなくなるという人はどのくらいいるのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

Q.あなたは、寝る場所がちがっても眠れるほうですか?

眠れる……69.9%
眠れない……30.1%

約3割の女性は、寝る場所が変わると眠れなくなってしまうようです。それぞれどんな理由があるのか、詳しく見てみましょう。

<「眠れる」派の意見>

■寝る場所さえあれば大丈夫

・「眠たければどこでも眠れるから」(25歳/通信/営業職)

・「旅行に行っても、布団に入って必ず30分以内に気が付いたら寝ているから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「夜行バスなどでも眠れるから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

どの程度「どんなところでも」眠れるのかは個人によるようですが、疲労回復が第一目的だからか、ひとりで眠れる場所が確保されてさえいれば眠れる女性が多いようです。

■疲れてさえいれば眠れる

・「眠気には勝てないから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「常に寝不足感がありどこでも眠くなる」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分がその日どれだけ疲れているかが重要なので、場所はどこでもいい」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

体が休息を求めていれば、場所に多少問題があっても眠れるようです。

<「眠れない」派の意見>

■落ち着かない

・「なんか気になってしまって寝られない」(27歳/金融・証券/営業職)

・「枕や布団が変わっても落ち着かなく眠れないから」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「昔は眠れていたが、年を取ったら眠れなくなってきた」(26歳/医療・福祉/専門職)

寝る場所がちがうということは、枕や布団が変わるということです。固さや重さ、ニオイなどが今までとはちがうため、落ち着かないようです。

■湿度が変わるから

・「湿度がちがうから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

・「湿度が重要だから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「不衛生な場所はダメ」(31歳/不動産/事務系専門職)

湿度を重要視する意見が何件か見られました。不衛生なところだと布団が湿っぽかったり、逆に高級羽毛布団だと予想より軽やかだったりして、呼吸と布団の関係が乱れるからでしょうか。

寝る場所が変わると、誰でも違和感を持つものです。部屋全体の空気の変化や、布団や枕自体の変化によって、体が適応できないことがあります。自分のベストな寝室に近づけられるよう、さまざまな対策を考えておくといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数239件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]