お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

もうやめて! 友人間で繰り広げられた修羅場エピソード3選「好きな人をめぐって、教室の椅子が飛んだ」

いくら仲がいいとはいえ、たまに勃発するケンカ。理由はささいなことだけど、仲がいいからこそ許せないことも多いですよね? そこで、働く女性たちに友人との間で起こった修羅場を聞いてみました。

■好きな人の取り合い

・「好きな人をめぐる争いで、教室の椅子が飛んだ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「友人同士で部活の先輩と同時に告白して、もちろん片方しか選ばれないから、抜け駆けだとすぐ修羅場になった。」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「サークルの先輩の取り合い。全然かっこよくなかったので、そこに衝撃だった」(32歳/金融・証券/営業職)

仲がいいと趣味や好きになる人のタイプが似てくることがあります。その悲しい末路が上記のような修羅場に発展してしまったのでしょう……。友だちをつくるときは、できるだけ男性の好みがちがう人を選ぶといいのかもしれませんね。

■悪口

・「職場で仲良くしていた人たちが互いの悪口をほかの人に広めて険悪ムードになっていたこと」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「友だちが私のことを批判ばかりしてきて不愉快だったので、言い返したらケンカになり、最後はお互い泣いた。」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

「雨降って地固まる」ということわざがあります。お互いの胸のうちを思いっきりぶつけあって、泣いたら、最後にはもっと仲のいい友だちになれるかもしれませんね。

■彼氏を横取りした

・「友人Aの彼氏と浮気していたのがバレた友人B。大学の食堂で修羅場をはじめて、たまたま同席していたから、気まずくてしょうがなかった」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「彼氏の電話に女性が出た。遠距離で不安な状態だったから別れをつげた」(28歳/電機/技術職)
・「彼氏を取られたと因縁をつけられた」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

絶対にやってはいけない、友だちの恋人との浮気! バレたときの修羅場はもちろん、浮気されたほうは、人間不信に陥ってしまう可能性も……。自分の行いで、誰が一番傷つくのかを考えてから行動したいですね。

■その他の理由

・「友人同士で、ラインの既読問題でバトル開始。片方はまじめで既読後即返信者ですが、もう片方は既読後1週間あとに返信する人で性格が反対だなと感じました。」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「酔ってお互いの彼氏の皮肉を言った友人たちが、コップの水をかけ合ったことです。」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

ラインの既読問題は、男女間だけではなく同性の間でも起こるのですね。でも、一言「返信遅くなってごめんね」と言えば、修羅場には発展しなかったのかも?

男性関係で女友だちと修羅場になった、修羅場を見たという回答が多かった今回のアンケート。彼氏と友だち、どちらも大切ですものね。だからと言って、誰かが傷つくことがわかっていながら自分をセーブしきれないのも人間の性。みなさんが、こんな修羅場に遭遇しないことを祈るばかりです……。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数245件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]