お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

実はイラっとしてます!妻に言ってはいけない食事中の一言・5つ

斉田直世/CaSy

みなさんこんにちは、恋愛コラムニストの斉田直世です!

すれ違い夫婦にオススメ!二人の溝を埋めるお助けアイテム・4つ

結婚生活を過ごす中で、パートナーが何気なく発した一言にイラっとしてしまった経験は、誰しもがあるのではないでしょうか。共働きの女性たちに、「イラっとした夫の一言」について聞いてみると、最も多かったのは、「食事」に関するものでした。仕事に育児と、忙しい合間を縫って、丹精込めて作った料理に対し、文句を言われるというのは、やはり妻としてはやりきれない思いがあるのでしょう。

というわけで今回は、多くの妻をイラっとさせた夫の一言を、5つご紹介したいと思います。

■1「○○でいい」

「「鍋とカレー、どっちがいい?」って聞いたら、「鍋でいい」って言われてカチンときた。うちは共働きで、作ってもらえるだけもありがたいはずなのに、「鍋でいい」とはなんだ、「鍋がいい」だろう!」(32才・会社員)

「○○“で”いい」という発言の裏には、妥協や不満の感情が読み取れます。たった一文字の違いで、受け取る側の気持ちを180度変えてしまうのが、日本語の難しいところです。

■2「今日の夕飯何?」

「家族で旦那実家にお泊りに行った翌日、帰宅して一息つこうと思ったら、夫に、「今日の夕飯何?」って聞かれてイラっとした。クタクタになって帰ってきて、買い物にも行けてないのに、夕飯が出てくると思うって、どういう神経!?」(30才・教育関係)

何気ない一言であっても、発言するタイミングによって、ケンカの火種になってしまうことがあります。「夕飯どうしようか」という質問なら、外食や出前という提案も出来ますが、「夕飯何?」では、家で作ることが大前提。疲れて帰ってきた途端にこう言われて、イラッとするのも無理はありません。

■3「朝食みたい」

「夕飯に、ご飯・焼き魚・納豆・サラダ・煮物を出したら、「朝食みたい」って言われた。栄養バランスは何も問題ないのに、何か不満でもあるわけ!?」(28才・事務)

夫としては、悪意はなく、思ったままの感想を述べたまでかもしれませんが、妻にとっては、「夕飯として物足りない」「ちゃんとしたものを作れ」という不満の声に聞こえてしまいます。実際、このメニューなら、朝食でも豪華な方だと思うのですが……。

■4「何か他にない?」「これで終わり?」

「仕事と子育てに追われながらも、ご飯にお味噌汁、主催、副菜は、毎晩ちゃんと出すようにしています。それなのに、「他に何かない?」って言われるのはやりきれないです」(33才・自営業)

こういった一言に対し、「終わりだけど、足りない?」と返すと、「うーん、大丈夫」と不満そうに答える夫。「大丈夫なら、最初から文句言うな!」というのが、妻たちの言い分です。

■5「……」

「うちの旦那の場合、何も言わないからイラっとする。味の感想はおろか、「いただきます」や「ごちそうさま」すら言わない。子どもの教育にも悪いしやめてほしい」(30才・秘書)

味付けや品数に、余計な口を挟まれるのも嫌ですが、全く何も言わないというのもいけません。「おいしい」という味の感想だけでなく、「これ食べたかったんだよ」や「どうやって作ったの?」など料理に興味を示してもらえるだけでも、食事を作る張り合いが出てくるというものです。

■おわりに

「言った覚えがある……」「言われたことがある!」というセリフはありましたでしょうか? こういった些細な一言が、夫婦ゲンカの原因になるのはよくあること。こと食事に関しては、言葉を発する前には必ず、「これは言っても大丈夫かな?」と、ひと呼吸おいて考えるクセをつけるといいかもしれませんね。

(斉田直世/家事代行CaSy)

お役立ち情報[PR]