お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ダメよ~ダメダメっ! 女子が「自分の価値を下げているな」と思った瞬間4選

女性普段は意識していなくても、ふとしたときに「ネガティブ思考」に陥ってしまうことはありませんか? ネガティブ思考は自分で自分の価値を下げてしまいます。今回は働く女性に「自分の価値を下げているな」と思った出来事を聞いてみました。

■ネガティブ思考

・「ネガティブなことを無意識に言ってしまう癖があるので気を付けたいです」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ネガティブ思考」(32歳/その他/その他)
・「すべてマイナスなように言ってしまうとき」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

心がネガティブになってしまうと、自分の価値だけじゃなく気持ちも下がります。昔から「言霊」と言われているように、マイナスなことではなくプラスのことを言葉に出してみましょう。不思議と気分も上がりますよ!

■悪口・嫉妬

・「人の悪口を言っているとき」(27歳/マスコミ・広告/営業職)
・「嫌いな人の悪口を言ってしまったとき」(33歳/その他/その他)
・「友人の結婚式でやたら嫉妬してしまい終始顔が引きつってしまったこと」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

悪口を言っている間は気持ちいいかもしれませんが、後味が悪いもの。悪口が多い人というのはそれだけで印象も良くないので、出来るだけ避けた方が良さそうです。嫉妬するのも出来るだけ避けた方がいいかも。

■自虐したり、卑屈になってみたり……

・「過度な自虐ネタを使ってしまうとき」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「自分から、卑屈な発言をするなど、自分の価値をあえて下げているように感じることがあります」(31歳/食品・飲料/技術職)

自虐ネタは笑えるくらい軽いものならいいですが、深刻なものは周りも対応に困ってしまいます。出来れば言わないでおきたいネタです。

■「どうせ」「あやまる」……自分の価値を下げている癖

・「『どうせ』が口癖になっていることに気づいた」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「とにかくあやまってしまう」(34歳/その他/クリエイティブ職)

これは皆さんにも覚えがあるのではないでしょうか? 「すみません」と言ってその場を収めてしまうことが癖になってしまうと、「卑屈な人」と思われてしまいます。頑張ってその癖を直しましょう。

いかがでしたか? やっぱり全体的に「マイナスイメージ」な回答が多かった今回のアンケート。ここに挙げた結果を参考に「自分で自分の価値を下げていないか」を、一度振り返って考えてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]