お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

その気になった理由とは? 女性が男友だちを“男”として意識した瞬間4つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「もともと友だち同士だった男女がお付き合いする」というのはよくある話。でも、何年も友人関係だった間柄で付き合う一歩を踏み出すのって、意外と難しいような気もします。どういうきっかけで付き合うようになったのか、どんなとき異性として意識するようになるのか。友だち期間の長かったカップルに聞いてみました。

■友だち期間4年/乱暴な元カレから守ってくれて

「元カレは浮気癖があり、酔うと乱暴な人だった。そのことを相談したり愚痴ったりできた相手が今の彼氏。手をあげられたときに泣きながら電話したら、『もう見てられない。俺のためにもそいつと別れてくれ』と言ってくれた。異性としてちゃんと意識したのはそのときが初めてだったけど、すごく安心しました」(27歳/サービス)

元カレと別れる際は3人で話し合いをすることになり、そんな彼の男気を見て付き合うことを決めたそう。彼はずっと想いを隠しながら話を聞いてくれていたんですね。

■友だち期間5年/頼りになる姿に惚れて

「男女4人で遊園地に遊びに行っていたとき、震災にあいました。みんながパニックになる中、冷静だった彼。歩いて帰っている間も、みんなを励まそうとしてくれて……、その姿に惚れました。落ち着いたあとに告白して、付き合えることになりました」(27歳/美容)

何とも思っていなかった相手が、急にカッコよく見えるようになるときってありますよね。不安なときに頼もしい姿を見ることができればなおさらです。

■友だち期間8年/エロティックな雰囲気になって

「男友だちの家で2人で宅飲みすることに。飲んでいたらアダルトビデオを発見! 私はAVを見たことがなかったので見させてもらうことに。そのうちにお互いムラムラしてきて、エッチしてしまった。そのままセフレになるのは嫌だったので、翌日私から付き合うことを提案した」(28歳/小売り)

友だち関係を続けるために踏み込まなかった禁断の扉を、ついに開けてしまった……という感じでしょうか。お互いに異性として見てはいたのかもしれませんね。

■友だち期間15年/冗談からはじまった恋

「10代のころ『お互い30歳になっても売れ残っていたら結婚しようね(笑)』と冗談で言い合っていた男友だち。でも相手はモテる人だし、私にも彼氏がいたので、冗談の口約束で終わると思っていた。30歳目前で彼氏と破局したとき一緒に飲みに行き、酔った勢いで『あの約束覚えてる? 結婚してくれー!』とわめいてしまったらしい。翌日『おはようハニー』というメールが来ていてびっくり」(30歳/福祉)

ノリのいい2人ですね。すぐに結婚とはいかないまでも、まずはお付き合いしてみることにしたのだそうです。

友だち同士だった間柄でカップルになるのは、「実は一方が想いを寄せていた」、「お互いに気になる存在ではあった」というパターンが多いのかも。いずれにしても、どちらかが一歩を踏み出すことがきっかけになりそうです。あなたは友だちから付き合うようになった経験がありますか?

※画像は本文と関係ありません

(栗本千尋+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]