お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

元バックパッカーが教える、長距離移動を快適に過ごすためのマストアイテム

旅行につきものなのが、移動の時間。短い場合は2~3時間で済む場合もありますが、国内の遠方や海外など、向かう場所によっては、8時間を越える移動も発生します。今回は、世界中を旅してまわり、最長55時間(中国・成都~ラサ間)の移動も経験した著者が、移動時間を快適に過ごすためのアイテムを紹介します。

【坂道の短距離を走るのと平らな道を長距離走るの、どちらが良いの?】

■三種の神器(アイマスク・耳栓・マスク)

筆者が三種の神器と読んでいる3つのアイテムは、アイマスク・耳栓・マスクの三つ。世界を旅している最中も、この3つはひとつのポーチにまとめて常に携帯していました。夜行バスや飛行機の中は慣れない環境のため、眠ることが難しい状態です。

社内には多くの乗客がおり、風邪をひいている人がいることもあるため、病気にならないためにも防護策が必要です。

長旅が予想される時は、周囲が明るさをシャットアウトする「アイマスク」、雑音をシャットアウトする「耳栓」、空気の乾燥や病原菌から自身を守る「マスク」はひとつのポーチに入れて携帯しておきましょう。この3つの道具は、滞在先のホテルでも活用できる便利なアイテムです。

■大判のストール特に夏場など、外は暑くても社内はエアコンですごく寒い!と感じたことのある人は多いのではないでしょうか。そこで役立つのは大判のストール。広げて体にかければ寒さから身を守れ、移動中でも快適に過ごす事ができます。

寒くない場合でも、丸めて首の後ろに置けば枕の代わりになりますし、腰の下に敷けばクッションの代わりにもなります。ブランケットに比べてかさばらず、身につけても運べるため、筆者の旅の定番グッズになっています。

■暇つぶしの道具

本やパソコン、タブレット、トランプなどのゲームなど、車内で時間を有効に使える方法を用意しておきましょう。筆者の場合はパソコンの中に、PDF化したガイドブックや電子書籍を入れておき、移動中にチェックしていました。

旅先で読む本や、一緒に旅する友達と遊ぶトランプなどのゲームも、旅の思い出のひとつになりますね。

■モバイルバッテリー

移動中は、旅先の情報や暇つぶしなどで、モバイル端末を使う機会が多くなります。飛行機やバスの中ではモバイル端末を充電できない場合が多いので、電子機器をよく利用する人は、予備の充電池の用意をおすすめします。

私が世界を旅する時に携行していたパソコンは、フル充電でも2時間半で電源が切れるパソコンだったので、何度モバイルバッテリーが欲しいと思ったことか・・・。価格や充電容量、重さ、どの電子機器に利用するかなど、様々な種類のバッテリーがあるので、ご自身の用途に合わせて探してみてください。

旅先に向かう時間も旅行のひとつです。備えあれば憂いなし、移動に備えて旅を快適に過ごしましょう。

お役立ち情報[PR]