お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 節約・貯金

ケチは不快!? 「ケチ」と「節約」のちがいはコレだった!

酒豪ガール

たま~に「この人って意外とケチだな……」と感じてしまう男性はいませんか?

こんな女性の正直な本音に対して、男性からは「どうせおごってもらえないからだろ」「クーポン使うなんてダサいって言いたいのかよ?」などと反論がありそうですが、女性がさす「ケチ」ってそういうことじゃないんです。

「ケチ」と「節約家」はちがう、というのが私の持論。お金を出してもらうことで彼からの愛を測るタイプではなく「デートは割り勘でOK!」「クーポンも使えるなら使おう!」という考えの女性であっても、受け入れにくい男性の金銭感覚があるのです。

「ケチ」と「節約家」はここがちがう

私が定義する「節約家」とは、それ以上の価値があるものをお得に楽しんだり、無駄がないように暮らしたり、コストパフォーマンスをトータルして考えられる人のこと。一方「ケチ」は、お金を使うべきタイミングで渋る人だと思っています。

たとえば、こんなシーンを想像してみてください。

友だちの結婚祝いをみんなで割り勘して買う場面。プレゼントのセレクトを周囲に押しつけていた彼がいたとします。いざ金額を伝えてお金を預かるタイミングで

「そんな高いものじゃなくてよくない? 俺は1000円までしか出さないよ」

なんて言われたら……。もちろん金銭感覚は人それぞれですが、必要な場面で使い分けができないことをちょっと残念に感じてしまいますよね。他人のためにお金を使うことを必要以上に嫌がる相手を見て、複雑な気持ちになる女性は多いはずです。そんな相手との将来を想像すると、「結婚後は使うべきタイミングできちんと使えるのかな?」「生活に必要なお金を使ってくれないかも?」と心配になってしまうでしょう。

では、一般女性はどんな場面で「ケチ」と「節約」のちがいを感じるのでしょうか。彼女たちの意見も見ていきましょう。

「ケチ」と「節約」のちがい【一般女性アンケート】

必要なのに出さないのがケチ

・「必要な所まで削るのがケチで、不要な部分を削るのが節約だと思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ケチは、必要なときやみんなで出し合わないといけないときでも出し惜しみをする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

他人を不快にさせるのがケチ

・「他人に迷惑をかけたり不快にさせたりしなかったら節約の範囲内だと思う」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ケチは付き合っている友人にマイナスの印象を与えることで、節約は賢いと思ってもらえること」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

他人のためにお金を使える人は節約家

・「人のために使え、自分の生活は節度を持つ人が節約家だと思います。ケチは人にお金を使えない人」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ケチは人のためにお金を使わない。節約は自分のためには節制し、他人のためにはそれなりに使う」(31歳/不動産/事務系専門職)

他人にお金を使わず、空気を読まず、周囲に不快な印象を与えてしまうのがケチな人。節約家は賢いというアンケート結果がありましたが、まさにその通り。お金持ちほど節約家なケースもあります。そんな男性はお金を使うべきところで使い、不要な部分は省き、価値が高いものをお得に楽しむ知識を持ち合わせているのです。

次ページ:ケチな男性の見抜き方

お役立ち情報[PR]