お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

東京で「あんかけスパ」を食べるならここ!「パスタ・デ・ココ」西新橋烏森通店

赤ウィンナーの彩りが名古屋らしい定番人気メニュー、「ミラカン」

世界各国の料理が食べられるグルメ都市、東京だが、ありそうでなかなか出会えない食べ物もある。それは、名古屋めしの一つである「あんかけスパ」。港区西新橋にあるあんかけスパ専門店「パスタ・デ・ココ」は、あんかけファンにとっては貴重な存在と言える。

【創業55年間変わらない秘伝のタレ“紙焼き”羊鍋料理がウマい!「元祖紙やき ホルモサ 日本橋店」2980円食べ放題も!】

●もっちり太麺に、ピリッとスパイシーなソースが絡む!
甘い餡をかけたパスタを思い浮かべる人もいるようだが、あんかけスパとは、胡椒をきかせたトマト味のソースをかけたスパゲティのこと。この店の豊富なメニュー中でも、特に人気なのが「ミラカン」875円。麺とソースの上に、赤ウィンナー、ハムとたまねぎ、パプリカ、マッシュルームなどを炒め合わせてのせた、本場名古屋でも定番のメニューだ。

3種あるソースから、今回は、あんかけ通にオススメだと言う「マイルドスパイシー」をチョイス。トマトベースのとろみのあるソースは、酸味と旨味が調和した独特の味。ピリッとほどよく胡椒もきいている。そう、これこそ名古屋の味!もっちりした太麺がソースに絡みつく感じがたまらない。

油で炒めたウィンナーや野菜もソースとの相性抜群で、いっしょに食べるとスパイシーさが際立つようだ。
実は「パスタ・デ・ココ」は、あの「カレーハウスCoCo壱番屋」の株式会社壱番屋の経営。名古屋のローカルフードであるあんかけスパを全国展開するにあたって、オリジナルソースには工夫を凝らしたと言う。「幅広いお客さまに親しんでいただけるよう、ソースの辛さを3段階から選べるようにしました」(経営企画室・平尾さん)。

ソースには、今回チョイスした、ほどよいピリ辛感の「マイルドスパイシー」のほか、よりマイルドな「ノーマル」と、さらに胡椒をきかせた「スパイシー」がある。
ビジネス街ということもあり、平日のランチ時はかなり混雑するが、それ以外は比較的スムーズに入れるとのこと。たまに無性に食べたくなるという通はもちろん、未体験の人もぜひ一度、名古屋人が愛するやみつきパスタを試してみては?

【店舗データ】
店名:パスタ・デ・ココ 港区西新橋烏森通店
所在地:東京都港区西新橋1丁目23-9 河野ビル1F
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・ミニ小倉トースト103円

お役立ち情報[PR]