お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

告白したカレからの微妙な返事……「好き」って言わせたい女子必見の恋愛テク「アンビバレンツ」

気になるカレに告白してみたら、なんとも言えない微妙な返事が返ってきた! 対応に困ってしまう、こんな経験をしたことはありませんか? もしかしたら、カレもまだ迷っているのかもしれませんね。こんなときには、迷えるカレに「好き」と言わせる心理テクを使いましょう!

【【男性編】デートの終盤に「今日はずっと一緒にいたい」と言わせるテクランキング1位「2人だけになれる場所へ行く」】

■アンビバレンツとは?

あなたは「アンビバレンツ」という言葉をご存じですか? 人間の心の中には「好き」と「嫌い」という二つの感情が存在しています。これを基準にして「カレのことは好きだから、仲良くなりたい。でもあの人は嫌いだから、出来るだけ離れていたい」と、様々なことを判断しています。

しかし実は、「好き」と「嫌い」が同時に存在しているケースもあるのです。

例えば「小学生男子が、好きな女子だからこそいじめてしまう心理」や「若いOLが、実は心の中で『いいな』と思っている中年上司に、わざと憎まれ口をたたく心理」などが、これにあたります。「好き」という感情を素直に示すことができないため、あえて「嫌い」という感情を示してしまうのですが、その後罪悪感を持つケースも多いようです。

■不安定だからこそ、勝機がある!

告白したカレが微妙な返事をするのは、心の中にアンビバレンツを抱えているからなのかもしれません。単純に「好きではない」のなら、告白をスルーすれば良いだけのこと。「好き」な部分と「嫌い」な部分、両方があるからこそ、あいまいになってしまうケースも多いようです。

こんなカレの心は、実は非常に不安定です。自分の中でもジレンマを抱えていることも多いもの。もしかしたら「ここは好きだけど、でもこんなところは受け入れられない……!」と、カレ自身でもどうにもならなくなっているのかもしれません。

こんなときにはぜひ、外からの働きかけにより、カレの心の安定化を目指しましょう。

■外からの働きかけとは?

では具体的に、どのように働きかければ、カレの心は安定するのでしょうか。言葉がけが基本となりますが、あなた自身の言葉を使うのはNGです。カレに反発され、受け入れてもらえない可能性も高いです。それよりも、常識的な判断での言葉を掛けるのが良いでしょう。

あなたと付き合うことで得られるメリットを、友人から伝えてもらうのも良いですね。

煮え切らないカレの態度に、思わず「好きなの? 嫌いなの? ハッキリして!」と迫ってしまう女子も多いのではないでしょうか。しかしこれはあまりオススメできません。それよりも、「あなたが私のことを好きだから、私もあなたが好きなのよ」と繰り返してみてください。

彼の心は「好き」の方向で安定してくるでしょう。

人間の心は非常に複雑。「好き」と「嫌い」がいつでもハッキリしているとは限らないのです。だからこそ自分の有利な形にできるよう、上手に相手を操ってみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報[PR]