お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そんなんで人生楽しいの? 「値踏み女子」の特徴4つ

何かというとバッグや洋服、彼氏にいたるまですべて値踏みする女子たち。どっちの値が高いかが全てで、人生の大半をその計算に費やしているかのようです。そんな値踏み女子たちの特徴をまとめてみました。

■彼氏はスペックが全て

・「『私の彼氏は○○銀行の○○なんだ。そっちは?』『私の彼氏の車は○○なんだ。そっちは?』と、カードゲームのように聞いてくる」(31歳/マスコミ・広告・事務系専門職)

・「私の今彼と、前彼や元彼を比べて点数づけ(?)をしてきたり、さらには自分の今彼や元彼を持ち出して比較をしていた友人がいる」(25歳/その他/その他)

・「彼氏が出来たことを報告すると、スペック(職業・顔のレベル・身長・学歴など)ばかりをしつこく聞いて、性格や内面に関してはまったく聞いてこない」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼氏=スペックで、ほかの女子とスぺックを比較しては、勝ったか負けたかを常に計算している女子たち。結婚して子どもを産んでからは、子どものスペックが全てになる可能性が大?

■攻撃は最大の防御

・「女子会で彼氏の写真や動画を見せ合うと必ず『○○ちゃんの彼氏って、顔はいいけどずんどうだよね~』と顔や身体的特徴にケチをつけてくる女性が必ず一人はいる。そんなに他人の彼氏にケチを付けたい理由がわからない」(28歳/団体・公営法人・官公庁/事務系専門職)

・「何かひとこと言わないと気がすまないようで、しかも批判が多い。自分の彼氏や持ち物のほうが優れていると暗に誇示してくる。褒められないと延々と続く」(26歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「『彼氏イケメン?』と必ず聞いてきて、イケメンでないと満足げ」(25歳/電機/事務系専門職)

とにかく自分が優位にたってないと気がすまないタイプ。何かとケチをつけて先制攻撃をしかけてくるのは、実は自信を持てない自分自身を守るため?

■相手の持ち物を常にチェック

・「いちいち人の持ち物を覚えていて『あれ? そんなバッグ持ってたっけ?』みたくつっこんでくる。めんどくさい」(31歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「『それって○○で買ったよね?』と聞いてくる」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「『どこでその服買うの?』とまったく興味のないタイプの服を着ている私にも根掘り葉掘りきいてくる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「上から下まで舐めるように見てくる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「一見にこやかに愛想を振りまきながら、彼氏や夫について遠回しにやたらと質問してきたり、新しい持ち物を持ってるとすかさずコメントしてくる人」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

相手の持ち物が気になって仕方がない女子たち。会った瞬間、上から下まで持ちものを計算して「自分が勝った!」かどうかを判定することが人生の全てなのかもしれません。

■ブランド大好き!

・「『バッグはブランドじゃなきゃ』と会うたび言う女子。こっちはノーブランドなのにいつも言われる」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「高級ブランド品が全てだと思っているので、ノーブランドのものを持っていると『恥ずかしくないの?』と言われる」(25歳/その他/営業職)

ブランド物以外はものはない! とでも言いたげな彼女たち。彼女たちにとってブランド物こそが自分の価値を高めてくれるものなのでしょう。

■まとめ

持ちものや彼氏をほかと比較することでしか、自分の立ち位置を確かめられない女子たち。「自分に対する自信のなさの表れ、自分に自信がないから人がどんなものを使っているかとか他人の動向とか世間の流行とか評判とかをやたら気にする」(32歳/小売店/販売職・サービス系)が彼女たちの深層心理をついた納得のコメント。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数225件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]